【DDT】LiLiCoが純烈・小田井涼平との夫婦タッグでプロレスラー生活に幕!「普通の女の子に戻ります」

 DDTプロレスリングが3月20日、東京・両国国技館で「Judgement2022~DDT旗揚げ25周年記念大会~」を開催。タレントで映画コメンテーターのLiLiCoが純烈・小田井涼平との夫婦タッグでプロレスラー生活に幕を閉じた。

 LiLiCoは2014年8月17日、DDTの両国大会で特別リングアナを務めた際、アイアンマンヘビーメタル級王座を奪取。2015年8月23日の両国大会でプロレスデビューを果たし、KO-D10人タッグ、DDT EXTREME王座にも戴冠するなど活躍。しかし、2020年8月に転倒して左膝蓋(しつがい)骨を骨折し、プロレス活動の継続を断念し、区切りとして今大会で引退試合を行うことが決まった。左ヒザに爆弾を抱えるLiLiCoを守るべく、夫の小田井がタッグパートナーを買って出て、純烈のほかのメンバー(酒井一圭、白川裕二郎、後上翔太)がセコンドに就くことになった。

 小田井、彰人とトリオを結成したLiLiCoはDDTのハレンチ軍団フェロモンズ(男色“ダンディ”ディーノ、飯野“セクシー”雄貴、今成”ファンタスティック”夢人)と対戦。

 いきなりLiLiCoはディーノの急所を鷲づかみにし、自身の股間にディーノの手をもっていき精神的なダメージを与えた。小田井に代わると、攻め込まれてあっさり窮地に。すると、レフェリーが昏倒している隙に、純烈メンバーが救出に入り、今成に波状攻撃。フェロモンズはセクシーピーラー、大放屁で攻撃も、セクシーシーソーではLiLiCoが飯野の股に噛みついて反撃。さらに逆セクシーシーソーでディーノの顔をLiLiCoの股間にぶち当てた。その後、LiLiCoと小田井の夫婦の合体技「姫SEXYチェストキック♡」が2度目のトライで、飯野にヒット。だが、これで終われないフェロモンズはディーノがLiLiCoにローキック、ヒザにニードロップ。男色ドライバーからヒザ十字固めでウイークポイントの左ヒザを絞め上げると、たまらずLiLiCoはギブアップ。引退試合を白星で飾ることはできなかった。

 試合後もなお、フェロモンズがLiLiCoに攻撃を加えると、アンドレザ・ジャイアントパンダが現れて、フェロモンズを蹴散らした。

 引退の10カウントゴングが鳴らされると、小田井が愛妻にメッセージを送り、純烈が「プロポーズ」を熱唱。

LiLiCoは「普通の女の子に戻ります」と発してセレモニーが終わった。

 バックステージに引き揚げたLiLiCoは「20何年前にプロレスラーになりたいとお願いして、“誰だか分からない”と言われて、知名度をつけてプロレスをやると。その後、DDTといい縁をもらって。ヒザを割ってしまって、完治しなくても生きていかなければいけない。小さい頃からどんなことがあっても生きていこうと思ったんですけど、一番好きなプロレスを手放さなければいけないのが、試合を終えた今悔しくて。最後にこんな立派な歴史ある場所にパートナーと一緒に上がって、その仲間たちと終わることができて。(小田井は)これからはプロレスラーとしては戦わず、引退してもらいます。うまくいかない気がする」と涙。

 小田井は「言い方は悪いですけど、このくらいのケガで引退してくれてよかったという安心が夫としてはあります。今も元気だったら、体のことは考えず、いろんなことにとことんトライしてたと思うんです。ある意味、それがブレーキになってくれているおかげで、健康なときよりひょっとしたら今が健康なのかもしれないと前向きにとらえているので。最後までLiLiCoのヒザがもってくれてよかった」と安堵の表情を浮かべていた。

【大会名】Judgement2022~DDT旗揚げ25周年記念大会~
【日時】2022年3月20日
【会場】東京・両国国技館
【観衆】2516人(満員)

▼第一ダークマッチ 15分一本勝負
松永智充&小嶋斗偉&●石田有輝 vs 岡田佑介○&高鹿佑也&イルシオン
11分00秒 片エビ固め
※サドンデス

▼第二ダークマッチ 時間差入場タッグバトルロイヤル 時間無制限勝負
<4>火野裕士&○納谷幸男 vs ヤス・ウラノ&翔太●<1>
14分28秒 体固め
※バックドロップ。< >内は入場順。
【退場順】
①○火野裕士&納谷幸男 vs 橋本友彦&諸橋晴也●<2>
5分24秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○火野裕士&納谷幸男 vs ゴージャス松野●&伊橋剛太<5>
9分4秒 ギブアップ勝ち
※火野のセントーンに怖気づく
③○火野裕士&納谷幸男 vs アンドレザ・ジャイアントパンダ&スーパー・ササダンゴ・マシン●<6>
10分59秒 体固め
※パンダの2階からの光速ヘッドバットの誤爆
④○火野裕士&納谷幸男 vs 藤田ミノル&MJポー●<3>
12分46秒 オーバー・ザ・トップロープ

▼オープニングマッチ KO-D10人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>大鷲透&●アントーニオ本多&平田一喜&ヨシヒコ vs ポイズン澤田JULIE&佐々木貴&GENTARO&MIKAMI○&タノムサク鳥羽 with ナオミ・スーザン<挑戦者組>
8分49秒 スク~ルボ~イ
※大鷲組が2度目の防衛に失敗、澤田組が第7代王者となる。

▼第二試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○赤井沙希 vs 雪妃真矢●
10分40秒 ケツァル・コアトル

▼第三試合 DDT旗揚げ25周年記念スペシャルシングルマッチ~ノーDQ「I’m sorry」マッチ 30分一本勝負
○高木三四郎 vs 中澤マイケル●
10分20秒 I’m sorry

▼第四試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
木髙イサミ&●坂口征夫 vs 上野勇希○&勝俣瞬馬
11分2秒 体固め
※WR

▼第五試合 LiLiCo引退試合 30分一本勝負
●LiLiCo&小田井涼平&彰人with 純烈(酒井一圭&白川裕二郎&後上翔太) vs 男色“ダンディ”ディーノ○&飯野“セクシー”雄貴&今成”ファンタスティック”夢人
16分52秒 膝十字固め

▼第六試合 秋山準デビュー30周年記念試合 30分一本勝負
○秋山準&大森隆男 vs 樋口和貞&岡谷英樹●
12分36秒 片エビ固め
※リストクラッチ式エクスプロイダー

▼第七試合 DDT UNIVERSAL選手権ハードコア3WAYマッチ 60分一本勝負
<王者>●佐々木大輔 vs 葛西純<挑戦者> vs MAO○<挑戦者>
19分56秒 片エビ固め
※スーパーみちのくドライバーⅡ。佐々木が5度目の防衛に失敗、MAOが第6代王者となる。

▼セミファイナル KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>HARASHIMA&●吉村直巳 vs クリス・ブルックス○&高梨将弘<挑戦者組>
18分50秒 ハウス・ピアノ・デス
※HARASHIMA&吉村組が初防衛に失敗、CDKが第73代王者組となる。

▼メインイベント ジャパンベーカリーマーケティング presents KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>●竹下幸之介 vs 遠藤哲哉○<挑戦者>
46分30秒 エビ固め
※バーニングスター・プレス2連発。竹下が3度目の防衛に失敗、遠藤が第78代王者となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事