【新日本】ザックがオスプレイに昨年の『NJC』リベンジ達成!準決勝でザックvs鷹木、オカダvs内藤のベスト4出揃う!!

新日本プロレスは3月21日(月) 、新潟・アオーレ長岡にて「NEW JAPAN CUP 2022」を開催。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents NEW JAPAN CUP 2022』
日時:2022年3月21日(月) 13:30開場 15:00開始
会場:新潟・アオーレ長岡
観衆:1,450人

今大会のメインでは『NEW JAPAN CUP 2022』準々決勝として、ウィル・オスプレイとザック・セイバーJr.が対戦。

英国人対決となった『NJC』準々決勝では、オスプレイのスピードとザックのテクニックが交差する緊張感のある攻防を展開。

日本やイギリスで何度も対戦を重ねる両者は試合を読み合い、技の切り返し合戦となったが要所でザックの複合関節がオスプレイに襲い掛かる。

対するオスプレイも大技攻勢を仕掛け、ザックは大ダメージ。

最後はザックがオスプレイを捕らえ、膝を固めてからのスリーパーでギブアップで勝利した。

昨年の『NJC』でのリベンジを果たしたザックに対し、UNITED EMPIRE勢が駆けつけレフェリーに猛抗議するも裁定は覆らず。

これでザックがトーナメント準決勝へ進出し、次戦は鷹木信悟との対戦が決定した。

これで3.26大阪城大会の準決勝ではザックvs鷹木、オカダvs内藤のベスト4が出揃った。

<試合結果>

▼第8試合 時間無制限1本勝負
「NEW JAPAN CUP 2022」準々決勝戦
ザック・セイバーJr.  〇
vs
ウィル・オスプレイ ×
23分04秒  セレクテッド・テクニカル・ワークス Vol.2

※ザックがトーナメント準決勝戦へ進出

■試合後、リング上でマイクを手に取ったザック・セイバーJr.

ザック「アタマガ・イタイヨ。オイ、ナガオカ、ヒサシブリデス! オイ、5年前、このアリーナで、5ネンマエ、オマエらみんな覚えてるよな? 俺もよく覚えてるよ。ナツカシイヨネ。デモ、マダマダマダ。5年前、俺が優勝した年のことは今は置いといて、それよりもたった今。俺が去年の『NEW JAPAN CUP』覇者のあのバカをタップアウトさせた! 過去より大事なのは今現在だ。今年は『NEW JAPAN CUP』制覇だけじゃない、あの世界ヘビーのベルトもいただく! イイデスネ! ナガオカハ、イイマチね? 思い上がるなよ。でもこの街にはいい思い出がある。そしてまた一つ、思い出が増えそうだ。俺がIWGPのベルトを獲ったら、今度はここ、ナガオカでタイトルマッチをやるよ。じゃ、これくらいで、ジャーネ」

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2