【DDT】3・27後楽園での飯野VS勝俣のEXTREME戦はルールで大紛糾の末、「ハードコアOバックラダーマッチ」に決定!

 DDTプロレスが3月22日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、同27日の後楽園ホールで行われる王者・飯野“セクシー”雄貴VS挑戦者・勝俣瞬馬のDDT EXTREME王座戦が、ルールで大紛糾の末、「ハードコアOバックラダーマッチ」に決定した。

 飯野は2月14日、東京・新宿FACEで王者の青木真也にトルコレスリングルールで挑戦。まんまとリングアウト勝ちを収めて王座を奪取。初防衛戦の相手に勝俣を指名し、勝俣がシブシブ受諾していた。

 調印に先立って、勝俣はルールの確認を要求。同選手権戦は王者が希望するルールで行われるが、やおら飯野はOバックを取り出した。通訳で同席したディーノによると、Oバックで試合をする単純な試合形式だという。

 勝俣が「Oバックなんか着て試合なんかできるわけないだろ!」と拒否すると、ディーノは「後楽園という舞台を用意して、チャンピオンがEXTREMEに懸ける気持ちはファンのみんなに伝わってるはずだ。そんな楽しみな大会、試合を挑戦者の一存で・・・。これはもう不戦勝だ。そんな勝ち方をしたくなかった。ファンのみんなごめんな。勝俣のせいで・・・」と揺さぶった。

 すると、勝俣は「やります。やりますけど、Oバック、負けたら履きます。ルールを提案させてもらっていいですか? Oバックを吊しましょう。ラダーに登って取ったら勝ちというハードコアマッチにしましょう」と得意分野のハードコアを提案。

 これに対し、ディーノは「断る。EXTREMEはチャンピオンがルールを決めるベルトだぜ。なんで6-4でテメェが有利なルールでやらなきゃいけなんだ。飯野“セクシー”雄貴はやさしい。ファン思いだ。だから五分五分でいい」として、ハードコア、上からOバックを吊すのは飲む代わりに、Oバックを取った後、履いた時点で勝利になるルールを提示。

 それでも勝俣が拒むと、ディーノは「大日本とかで凶器を使ったハードコアで頭角を現した勝俣の持ち込んだルールを認めたのに、こっちが提案したルールは何一つ認めない。ファンのみんなごめんな」とファンに訴えかけた。

 さすがに意を決した勝俣が「ファンのためにやります」と承諾すると、さらにディーノは勝俣の丸め込みによる勝利を排除すべく、「3カウントはなし。それなら五分五分だ。3カウント、丸め込み以外に勝つ自信がないのか。ファンは楽しみにしてる」と追い込むと、勝俣がようやく受諾して、「ハードコアOバックラダーマッチ」に決まった。

 整理すると、3カウントでの決着はないハードコアマッチで、上から吊されたOバックをラダーに登って取って履くか、ギブアップなどで取った時点で勝ちとなるルールだ。

 ここで、やっと両者が調印書にサインし、勝俣は「ファンの皆さんのために試合をして、EXTREMEを1年ぶりに巻きたいと思います」と決意を表明した。

【大会名】Day dream Believer 2022
【日時】2022年3月27日(日)  開場10:30 開始11:30
【会場】東京・後楽園ホール

DDT EXTREME選手権試合~ハードコアOバックラダーマッチ
<王者>飯野“セクシー”雄貴 vs 勝俣瞬馬<挑戦者>
※第53代王者の初防衛戦。
※ルールに関しては以下の通り。
・ラダーを使ってリング上空に吊られたOバックを取り装着、もしくは相手からギブアップを奪った場合勝利となる。
・反則裁定無し、3カウント、ロープエスケープ、ギブアップ、場外カウントは無効となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事