【DDT】飯野“セクシー”雄貴が「ハードコアOバックラダーマッチ」で勝俣瞬馬を破り、EXTREME王座初V!

 DDTプロレスが3月27日、東京・後楽園ホールで「Day dream Believer 2022」を開催。フェロモンズの飯野“セクシー”雄貴が「ハードコアOバックラダーマッチ」で勝俣瞬馬を破り、DDT EXTREME王座の初防衛に成功した。

 この一戦はリングに吊されたOバックを取って装着、もしくはギブアップを奪った場合に勝利となる変則ルール。

 イス、ブロック玩具などが飛び交うなか、勝俣はかつてオールアウトの同士だった飯野に対して、「あの頃を思い出せ」と言って、ハカを踊り出すと、飯野が一瞬ハカのポーズを取ってしまった。

10分過ぎ、勝俣は場外で立てたテーブルに飯野を寝かせると、リング上のラダーの上からととのえスプラッシュを敢行。

勝俣はラダーに上ってOバックを奪い、履こうとするも飯野が阻止。

飯野が変型首4の字固めの体勢に入ると、タオルを掛けて、禁断のフェロモンマジックがスタート。飯野は履いていたTバックを脱いだが、勝俣はこのハレンチ攻撃にたまらずギブアップ。

 試合後、男色ディーノが「君、負けたらOバック履くって言ってたな。やめさせたらちゅんま(瞬馬のこと)の男が下がるな」と迫ると、意を決した勝俣はOバック姿を披露した。

 ディーノは「これを見て、飯野“セクシー”雄貴に挑んでくるヤツがいるか?」とアピール。

 バックステージで勝俣は「この試合できっと何かを失った気がします。負けて悔しいけど楽しかった。(飯野が)少しあの頃を思い出してくれたようで。彼はあのまま頑張ってEXTREMEを盛り上げていってほしい。いろんな意味で強かった。またチャンスがあればEXTREMEも狙いにいく」と肩を落としていた。

【大会名】Day dream Believer 2022
【日時】2022年3月27日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】509人

▼ダークマッチ アイアンマンヘビーメタル級選手権試合 15分一本勝負
<王者>○アントーニオ本多 vs ポコたん●<挑戦者>
7分16秒 片エビ固め
※ラ・マヒストラルを潰す。第1547代王者が防衛に成功。

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●アントーニオ本多 vs 川松真一朗○<挑戦者>
11時24分 体固め
※アントンが防衛に失敗、川松さんが第1548代王者となる。

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
HARASHIMA&大鷲透&吉村直巳&●石田有輝 vs 樋口和貞&坂口征夫&赤井沙希&岡谷英樹○
6分30秒 片エビ固め
※ダイビング・ニードロップ

▼第二試合 フェロモンズvsDAMNATION T.A! 30分一本勝負
○男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人 vs 佐々木大輔●&藤田ミノル with MJポー
7分21秒 反則勝ち
※イス攻撃

▼第三試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&●高梨将弘&高尾蒼馬 vs 火野裕士&納谷幸男○&彰人
9分3秒 変形拷問式コブラツイスト
▼第四試合 30分一本勝負
●秋山準 vs 平田一喜○
10分18秒 3問正解
※出題されるクイズに先に3問正解した選手が勝利となるルールに試合中に変更。
▼第五試合 DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○MAO vs 中澤マイケル●<挑戦者>
9分26秒 片エビ固め
※スーパーみちのくドライバーⅡ。第6代王者が初防衛に成功。

▼セミファイナル DDT EXTREME選手権試合~ハードコアOバックラダーマッチ 60分一本勝負
<王者>○飯野“セクシー”雄貴 vs 勝俣瞬馬●<挑戦者>
15分1秒 フェロモンマジック
※第53代王者が初防衛に成功。

▼メインイベント After Judgement2022スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
遠藤哲哉&岡田佑介&●高鹿佑也 vs 竹下幸之介&上野勇希&小嶋斗偉○
22分11秒 三角絞め

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事