【WWE】紫雷イオが屈辱のピンフォール負け 王座奪取目前まで迫るもマンディの顔面ランニングニーで撃沈

日本時間4月3日、テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで行なわれた「NXTスタンド&デリバー」がライブ配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

紫雷イオが「NXTスタンド&デリバー」でマンディ・ローズ、ケイ・リー・レイ、コーラ・ジェイドとのNXT女子王座フェイタル4ウェイ戦に挑むと完璧なムーンサルトで王座奪取目前まで迫るも、マンディの顔面ランニングニーを浴びて王座奪取を逃した。

イオは「対戦相手が何人でも結果は同じ。私のチャントが起こるだろう」と意気込むと試合ではパートナーでもあるケイ・リーと連携したドロップキックをコーラ、ダブル・トペ・スイシーダをマンディに放って攻め込んだ。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにイオはミサイルキックやダブルニー、雪崩式スパニッシュフライと怒涛の連続攻撃をマンディに仕掛けると終盤にはコーナーに上がったケイ・リーのチャンスを潰して完璧なムーンサルトをコーラに叩き込んだが、一瞬の隙にマンディの顔面ランニングニーを浴びて3カウント。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

イオは王座奪取目前まで迫るもマンディにピンフォールを奪われて王座防衛を許した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEネットワーク
http://network.wwe.com

WWE YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/WWE/featured

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事