【WWE】“EST”ビアンカ・ブレアが因縁のベッキー・リンチを下してロウ女子王座を初戴冠!

日本時間43日、テキサス州ダラスのAT&Tスタジアムにて行なわれた「レッスルマニア38」がライブ配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“EST”ビアンカ・ブレアが祭典「レッスルマニア38」のロウ女子王座戦で“ザ・マン”ベッキー・リンチをKODで沈めてロウ女子王座を初戴冠した。

序盤、ビアンカはいきなり狙ったKODをかわされると逆にベッキーのマンハンドルスラムを決められて劣勢の展開。続けてベッキーにレッグドロップやトライアングルで攻め込まれるとこれを強引に持ち上げて場外でのスープレックスや450°スプラッシュで反撃した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはビアンカがベッキーのマンハンドルスラムを鉄製ステップ上に決められてピンチとなったが、何とかリングに戻ると捕まえたベッキーにKODを叩き込んで3カウント。ビアンカは因縁のベッキーを下してロウ女子王座を初戴冠した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEネットワーク
http://network.wwe.com

WWE YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/WWE/featured

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事