【SEAdLINNNG】藤本つかさが休業前SEAdLINNNGラスト参戦で中島安里紗と一騎打ち!中島「思いを全部私が勝つことで受け止めてあげて送り出そうかなと思います」

SEAdLINNNGは21日(木)、株式会社リアルクロス内にて記者会見を行った。

新生SEAdLINNNG初となる4.29東京・後楽園ホール大会に向けて出場選手が登場し意気込みを語った。

セミでは休業前のSEAdLINNNGラスト参戦となる藤本つかさがベストフレンズとしてタッグパートナーである中島安里紗との一騎打ちが決定。

『SEAdLINNNG~Golden moment~』
日程:2022年4月29日(金・祝)
開始:18:30
会場:東京・後楽園ホール

▼セミファイナル シングルマッチ 30分1本勝負
中島安里紗 
vs 
藤本つかさ(アイスリボン)

藤本「皆さんは中島安里紗といえばどんなイメージを持たれますか?」

海樹「強くてカッコ良くて、技が1発1発すごく重い選手です。」

記者「読書家で頭がいい人だと思います。」

南月「暴れゴリラ。」

藤本「はい。大半が皆さん安里紗に対して毒々しいイメージ、怖いというイメージ。」

中島「そんなことなかったじゃん!」

藤本「読書というのはちょっとカットして頂いて。そういうイメージがやっぱりあると思うんです。私もやっぱり中島安里紗だけはガチっていうその言葉がすごく似合う選手だなって思っています。ただ、私は怖い以外の安里紗もすごく知ってて、本当はよく笑うしよく泣くし、私が安里紗以外の人と仲良くしていたらスネるし。」

中島「言わないでよ!」

藤本「安里紗の知らない話を他の人として盛り上がっていたら、スネて帰るしホントにそういった部分があります。人間っぽい魅力的ですごく大好きなライバルであり友であり、本当に大切な存在です。ただやっぱり私の中で1番好きな安里紗はプロレスラーの中で怖い安里紗。だからもしこのシングルマッチがただ単に安里紗が私と試合をしたいだけのカードで組まれたとしたら、怖い藤本つかさが中島安里紗に圧勝する試合になると思います。」

中島「つっかがいろいろ私について語ってくれましたが、本当に私にとっても特別な相手であって、プロレスラーとしてもそうですし人としても、私は本当に社交性もないですし友達ももともといなかったですし、友達がいないっていう対談?がきっかけでつっかに出会ってるので。そこで、つっかから社交性を学んだりとか色んなことがあって、つっかと組んでいなかったら私のプロレス人生、自分自身の人生もこんなににぎやかなモノになっていなかったと思いますし、本当に出会ってくれてありがとうと心から言いたいです。それでもやっぱり、つっかが言うように私はプロレスラーなのでリング上できちんと決着をつけたい。最後に試合がしたいからこのシングルマッチをお願いしたわけではないので、思い出マッチにするつもりもさらさらないですし。初めて出会った時の2連戦のように今回も2連戦なんですけれども、前回は1勝1敗でしたけど今回は残る者として。つっかはきっとプロレスに対する思いがすごくすごく強いと思うし、今回休業を決意したのも簡単に決めたことではないと思うし、本当にいろんな思いがあると思うんですけど、その思いを全部私が勝つことで受け止めてあげて、送り出そうかなと思います。」

――休業までのカウントダウンが迫ってきていますが、現時点での胸中は?

藤本「あと15日間で13試合ぐらいあるんですよ(笑)なのでまだ正直、実感はわかない。でも、その中で安里紗とのシングルマッチっていうのは、勝って自信がつくので。復帰をする楽しみになる、きっかけにもなる試合にもなるのかなっていう感じはします。休業だからっていう感傷的なモノは正直はないですね。中島安里紗にやられるか?やってやるか?どっちか。」

――SEAdLINNNGが新体制となって初の後楽園大会を看板選手として迎える心境は?

中島「やっぱり新体制となって初めての後楽園ホールで、自分がシングルのチャンピオンとしてメインでベルトを懸けて闘わないっていうことに対して、すごく自分の中でもチャンピオンとしてそれでいいのかな?という葛藤もありましたけど、でも、やっぱりこの闘いにベルトを懸けるっていうのも自分の中では違うと思ったし、世志琥が今回タッグタイトルに挑戦するということで、SEAdLINNNGは私だけじゃなくて、みんなメインに立っていける選手なんだっていうのをアピールする場にもなると思いますし、私は私でセミファイナルという位置できっちりと、自分が見せるべきものを見せたいと思います。」

――藤本選手に、新体制となったSEAdLINNNGについての印象は?

藤本「う~ん…ガラッと変わったかといえばそういうわけでもなく、いいところはちゃんと残ってるし過去を振り返っていないし。南月さんが大変そうだなっていうイメージはありますけど、新しい芽も育ってる気がしますね。」

▼会見の様子はこちら

2022年4月29日(金・祝)18:00開場18:30開始「SEAdLINNNG~Golden moment~」
東京都・後楽園ホール

ー決定全カードー

▼メインイベント SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Tag Championship 30分1本勝負
(王者組)真琴&朱崇花【ラス・フレッサ・デ・エゴイスタス】
vs
(挑戦者組)世志琥&水波綾
※第11代王者組、初防衛戦。挑戦者組が勝利した場合第は12代王者となる。

▼セミファイナル シングルマッチ 30分1本勝負
中島安里紗 
vs 
藤本つかさ(アイスリボン)

▼第3試合 シングルマッチ 20分1本勝負〉
海樹リコ 
vs
川畑梨瑚(T‐HEARTS)

▼第2試合 ハイスピード4WAYマッチ 20分1本勝負
永島千佳世 
vs 
春輝つくし(アイスリボン)
vs 
岡優里佳(センダイガールズ)
vs 
石川奈青(アイスリボン)
※レフェリー 南月たいよう

▼第1試合 時間差入場キャプテンフォールイリミネーションマッチ 時間無制限
堀田祐美子(T‐HEARTS)
松本浩代
高瀬みゆき
笹村あやめ(2AW)
vs
中森華子(PURE-J)
山下りな
優宇(EVE)
青木いつ希(ショーンキャプチャー)

【ルール】両チーム1名ずつの1対1のシングルマッチからスタートし、開始90秒後に1選手が追加。以後、90秒毎に1人ずつ選手が登場する時間差タッグマッチ(先行・後攻は当日、クジ引きにて決定)。登場順は入場曲で発表。オーバー・ザ・トップロープ採用。キャプテンを脱落させた時点で試合が決する。キャプテン以外の選手が敗北した場合、その選手は退場となるが、試合は続行される。なお、キャプテン各1選手は各チームがレフェリーにあらかじめ提出。勝負が決するまで誰がキャプテンかは非公開とする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事