【DDT】UNIVERSAL王座守ったMAOが2冠獲りに意欲!「勢いのある自分と朱崇花とだったら存在感でも、いいタッグチャンピオンになれる絵が浮かんできた」

 DDTプロレスが5月2日、東京・渋谷区のAbemaTowersで前日の横浜武道館大会の一夜明け会見を開き、挑戦者・朱崇花を破って、DDT UNIVERSAL王座のV2に成功したMAOが登壇した。

 MAOは「結構苦戦しました。あんなに強いとは思わなかった。もともとリスペクトしていたんで、戦ってみてリスペクトが深まりました。朱崇花、いろんなところで結果を出して、勢いある選手と防衛戦やって、競り勝って防衛できたことがよかったです」と笑み。

 その朱崇花とはコンビを組んで、同22日の東京・後楽園ホールで、CDK(クリス・ブルックス、高梨将弘)の持つKO-Dタッグ王座に挑むことになったが、「K0-Dタッグに挑むとなった場合、本来ならサウナカミーナに所属してるんで、小嶋(斗偉)とかを引っ張っていって、やるべきだとは思ったんですけど。今勢いのある朱崇花と、自分もUNIVERSALのベルトを獲ってすごく勢いがあるので。自分のスキルの底上げじゃないですけど、勢いがあるうちにちゃんと結果を出したいと思って。朱崇花とだったら存在感でも、いいタッグチャンピオンになれる絵が浮かんできたので、行ってみるかって勢いで」と話した。

 朱崇花が「MAOとはプロレス観が違うから、いいタッグになるかも」と発言したが、MAOは「似て非なるんです。スタイル的に傍から見てると、似てる部分が多いかもしれないですけど。朱崇花の根本にあるのは女子プロレスだし、僕の根本にあるのは、また違う系譜のプロレスなので、合わないところは合わないと思います。そこを足し算にできるのが、このタッグだなと思ってて。実際、3年くらい前に京都で組んでメインイベントをやったことがあって、すごく手応えを感じてたので。この3年お互い違う道で進化してきてると思うので。時を経て、タッグを再結成してどう進化してるのか楽しみです」と意欲を見せた。

 MAOと朱崇花は同じ宮城県人だが、「今KO-D無差別級チャンピオン(遠藤哲哉)も宮城県出身だし、このままKO-Dタッグを獲れば、DDTの王座はほぼほぼ宮城県人で独占できるんじゃないかってところまで来てるので。そこは頑張りたい。しっかり地元にも響いていけたらうれしい」と目を輝かせた。

 UNIVERSAL王者としては、11月1日の後楽園で高梨のチャレンジを受けるが、「高梨さんはここ2、3年、あまりDDTに出てなくて。前は6人タッグを争ったり、試合することも多かったんですけど、最近あまり当たる機会がなくて。この間、タッグリーグ戦でMAO&勝俣対CDKで当たって、すごいなって改めて認識できた。ガッチリ試合してみたいと思ってたので、ベルトを懸けて後楽園でやれるのは光栄。DDTから心が離れてるのかなって、さびしい気持ちもあったので、今CDKでDDTでも楽しくやってくださってるので。僕とのUNIVERSALで、“DDTいいよな”って思ってくれたらいいなと思います」と語った。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事