【DDT】MAO&朱崇花が前哨戦でCDKを破り、KO-Dタッグ王座獲りに弾み!「KO-Dタッグも、UNIVERSALも俺たちのモノにする」

 DDTプロレスが5月11日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -May-」を開催。同22日の東京・後楽園ホールでCDK(クリス・ブルックス、高梨将弘)の持つKO-Dタッグ王座に挑むMAO、朱崇花が6人タッグでの前哨戦を制して、ベルト獲りに弾みをつけた。

 この日、MAOと朱崇花は勝俣瞬馬と組み、CDKはアントーニオ本多とのトリオで対戦。CDK組は絶妙なコンビネーションを披露するも、MAO組も朱崇花の奮戦で一進一退の攻防が続いた。

 MAO組は3人がかりの合体式ミラクルエクスタシーで本多をたたきつけるも、これはカットされた。朱崇花が場外へのムーンサルトアタック、勝俣がトペを敢行し、リング上はMAOと本多の1対1に。本多もルー・テーズプレス、トラースキックなどで応戦するも、MAOが掌底連打、竜巻旋風脚、みちのくドライバーⅡとたたみかけて、本多から3カウントを奪取した。

 マイクを持ったMAOは「このままKO-Dタッグも、UNIVERSAL(6・1後楽園での高梨戦)も俺たちのモノにする」と勝ちどき。続けて、「CyberFight Festival 2022」(6月12日、さいたまスーパーアリーナ)での自身のカード(上野勇希、勝俣、MAO、朱崇花組VS HARASHIMA、吉村直巳、クリス、高梨組)に触れ、「今DDTの中心に居座ってるメンバーじゃないでしょうか。DDTは無差別級戦もないし、Xもいないし、大物参戦選手もいない。だけど、こうやってDDTの最先端をもっていくことができる」と胸を張った。

 バックステージでMAOは「今日は俺のヘタクソなバックスピンキックで高梨さん、KOしてやったんじゃないか。俺は比較的熱いんだけど、(朱崇花は)一歩引いて冷めちゃってんだよな。でも、このバランスがいいのかもしれない」とタッグ王座獲りに自信を見せた。

 一方、高梨は「朱崇花選手があんなに前にガンガン出てくる選手だったとは・・・。試合権利ない自分たちに襲いかかってきたり、クリスに強烈な張り手ぶち込んだり、このタイトルマッチにすごい気持ちを入れてきてるんだなというのは今日分かった」と警戒心を高めていた。

【大会名】DDT FREE -May-
【日時】2022年5月11日(水)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】349人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○赤井沙希&高尾蒼馬 vs 雪妃真矢&平田一喜●
9分45秒 片エビ固め
※新人賞

▼第二試合 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ with 今成“ファンタスティック”夢人 vs 大鷲透&彰人●
10分25秒 妖ーロピアンクラッチ

▼第三試合 30分一本勝負
HARASHIMA&○吉村直巳 vs 火野裕士&小嶋斗偉●
10分15秒 片エビ固め
※払い腰
〈〉
▼第四試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○上野勇希 vs 納谷幸男●
11分8秒 ウラカンラナ・インベルティダ

▼第五試合 30分一本勝負
佐々木大輔&○MJポー&KANON vs 樋口和貞&岡谷英樹&石田有輝●
11分35秒 体固め
※デスバレーボム

▼セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
遠藤哲哉&○秋山準 vs 岡田佑介&高鹿佑也●
15分38秒 体固め
※エクスプロイダー

▼メインイベント Road to Audience 2022!スペシャル 6人タッグマッチ 30分一本勝負
クリス・ブルックス&高梨将弘&●アントーニオ本多 vs MAO○&朱崇花&勝俣瞬馬
21分11秒 片エビ固め
※みちのくドライバーⅡ

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事