【新日本】棚橋がワシントンでUSヘビー王座陥落!4-WAYマッチでジュースが新王者に!!

新日本プロレスは現地時間・5月14日(土)、日本時間・5月15日(日)にアメリカのワシントンDCのEntertainment & Sports Arena にて2,641人の観衆を集め『Capital Collision』大会を開催。

Capital Collision
日時:2022年5月15日(日) 18:00(EDT)開場 19:00(EDT)開始
会場:アメリカ・Entertainment & Sports Arena(ワシントンDC)
観衆:2,641人

メインではIWGP USヘビー級選手権 4-WAYマッチが行われ、王者・棚橋にジョン・モクスリー、ウィル・オスプレイ、ジュース・ロビンソンが挑戦者として並んだ。

かねてより棚橋を挑発していたモクスリーは序盤から突っかかる。

試合開始から激しい乱打戦が展開され、4者が荒々しく動き回る展開に。

BULLET CLUB入りしたジュースもラフファイト全面で棚橋弘至に襲い掛かる。

モクスリーとオスプレイも前回のシングルマッチの遺恨闘争を繰り広げる。

 

終盤に入ると棚橋がモクスリーを場外テーブルに乗せハイフライフローを敢行。

その間にジュースがオスプレイに金的攻撃、続けてザ・ロックスライドを決め4-WAYマッチを制し、IWGP USヘビー新王者となった。

試合後、勝利を収めたジュースはマイクを手に取り「みんなジョン・モクスリーに、エース・オブ・ザ・ユニバース(100年に1人の逸材)が大好きなんだろ? そうだろ? それからオタクのファンはこぞってウィル・オスプレイが世界最高だって言い張るよな! でも、その世界最高は俺に勝てなかったぞ! この俺がモクスリー、タナハシ、オスプレイの3人をまとめて倒した!  FLAMBOYANTの俺はもうここにはいない。ここにいるのは“ROCK HARD”ジュース・ロビンソンだ! それともBULLET CLUBを引っ張り上げる“THE BOOSTER”と呼んでくれても構わないぞ。きっとお前らはBULLET CLUBが勢いがあったのは、2013年とか2017年とか2020年までのことだと思ってただろう? でも、お前はまだ俺たちの“ベスト”ってものを一度も目にしていない! これで俺にとって3度目となるIWGP USヘビー級王座戴冠だ! 俺はジュース・ロビンソン、俺はROCK HARD! 俺の居場所は永遠にBULLET CLUBだ! TOO SWEET!」

<試合結果>

▼第8試合 60分1本勝負
IWGP USヘビー級選手権 4-WAYマッチ
<第14代チャンピオン>
棚橋 弘至
vs
<チャレンジャー>
 ジョン・モクスリー
vs
<チャレンジャー>
ウィル・オスプレイ ×
vs
<チャレンジャー>
ジュース・ロビンソン 〇
※初防衛戦
15分45秒  ザ・ロックスライド→片エビ固め

※棚橋が初防衛に失敗。ジュースが新チャンピオンとなる

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2