【新日本】Aブロック公式戦、石森が単独首位!ヒロムは金丸の徹底した膝攻めにより初黒星!

新日本プロレスは5月24日(火)、東京・後楽園ホールにて1,215人の観衆を集め、『BEST OF THE SUPER Jr.29』大会を開催した。

『BEST OF THE SUPER Jr.29』
日時:2022年5月24日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1,215人

今大会は『BEST OF THE SUPER Jr.29』Aブロック公式戦、Bブロック公式戦が5試合ずつ行われた。
Aブロック公式戦をご紹介。

➡Bブロック公式戦5試合はこちらから

 

▼第1試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Aブロック公式戦
アレックス・ゼイン〇(3勝1敗=6点)
vs
フランシスコ・アキラ×(1勝3敗=2点)
10分54秒  TACOドライバー→エビ固め

■試合後インタビュー

ゼイン「あのちっこいアキラ……。俺にとってはスナック菓子程度の小物だ。前菜のようにソースをかけてペロッと平らげてやった。(日本語で)ゴチソウサマデシタ。明日5.25は『BEST OF THE SUPER Jr. 29』の親友対決、エース・オースティン vs アレックス・ゼインだ。勝つのはどっちだ?エース・オースティン、俺らは長い付き合いになるが、俺たちの友情も今日までかもしれない。明日は全面対決だ。俺のキャリアはずっと戦争みたいなものだったから、明日の一戦も何てことはない。俺とお前がこのリングでぶつかる。その時食われるのはどっちだ? (日本語で)イタダキマス!」


アキラ「PERCHÉ(ペルケ)? PERCHÉ(ペルケ)? PERCHÉ(ペルケ)? (イタリア語で「なぜ」)。俺は全力を出した。でも勝てなかった。なぜだ? なぜ? 俺は出場者の中で最年少だけど、もっと得点を獲って、いい結果を残せると思ってた。でも今日も勝てなかった。だけど俺の実力はしっかり後楽園ホールのみんなに見せたはず。勝つために何かを変えないといけないのだろうか。例えば『タコベル』にスポンサーについてもらうとか。そんなわけないか。俺はUNITED EMPIREを代表してこのリーグに出てる。俺は”NOVA FIRE BALL”。これでもう終わりではない。TJPが言っているように、俺たちは得点以上に、このニュージャパンリングで自分達の実力を証明するために闘っているんだ。自分の実力を証明し、イタリアのみんなから認めてもらうんだ。次はクラーク・コナーズ。サイズでは俺より大きいし、力も強いけど、俺はベストを尽くしてお前から勝つ。次で勝ってここから巻き返し、ニュージャパン(ジュニア)のトップまで駆け上がる。”CROWNS UP!”」

 

▼第3試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Aブロック公式戦
田口 隆祐×(1勝3敗=2点)
vs
クラーク・コナーズ〇(1勝3敗=2点)
8分25秒  トロフィーキル→エビ固め

■試合後インタビュー

コナーズ「勝つのはこんなに気持ちがいいものなんだな。俺の左腕は骨折してるかもしれない。そんなダメージを抱えた腕で今日の勝負に挑んだが、最後はなんとかして俺が勝った。腕を狙われそうになったがなんとか免れた。今日は運が味方をしてくれた。俺の”オオキイ ケツ”が勝利に導いてくれた。タグチさん、あなたは素晴らしいレスラーだ。もっともっとあなたと対戦したい。あなたからは学ぶものが大きい。次の相手はフランシスコ・アキラ。(アキラのイタリア語訛りの英語を真似するかのように)俺がお前をぶっ倒す! 腕が壊れてようが関係ない。やってやるよ。サンキュー」


田口「ちょっと……、ちょっと待って、ちょっと待ってよ。ああ、クラークかー……。なんだよあのヤロー、あれはー……。あんな…、クソーーーー!! クソー、ケツ……。ケツの、ケツの打ち合いで勝ったのだけが救いかな。勝負は完敗だ、完敗だ……完敗。強かった、クラーク強かった。何だろう? 彼の本来のスタイルじゃないのかもしれないよね。こっちの土俵に上がってきて、上がったのかな? 上がったんだな。上がって……そうか、完敗か。完敗だね。こっちの土俵でやって負けたから。完敗だ……」

 

▼第5試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Aブロック公式戦
YOH×(2勝2敗=4点)
vs
エース・オースティン〇(3勝1敗=6点)
7分20秒  THE FOLD→片エビ固め

■試合後インタビュー

オースティン「正直言って、普段相手にペースを乱されたり、調子を狂わされることは滅多にないが……YOHにはペースを崩された。ちょっと混乱してる。誰も気づかなかったかもしれないけど、ロープに立った瞬間に足が滑った。普段は絶対こんなことないのに! でもYOHには完全にアイツのペースに乗せられた。いまでもちょっと信じられない。YOH、さすがだよ。でも最後に勝ったのは俺だ。だから言っただろ、お前の負けは”INEVITABLE”(避けられない)と。
次の公式戦は、日本に来てからできた新しい親友。ザ・ソース、アレックス・ゼインだ。このシリーズを通して日本で一緒に過ごしていくうちにとても仲良くなった。俺にとっては今回が初来日で、彼にとっては2回目の来日だ。俺たちは次第に”’BESTIES(親友同士)’ OF THE SUPER Jr.”になった。でも最初からリーグ戦のどこかで当たることはお互いに分かっていた。最後にこのリングで起こった親友同士の対決といえば、コータ・イブシ vs ケニー・オメガを思い出すな。次はアレックス・ゼイン vs エース・オースティン。リングに立ったらいったん友情は忘れて、真っ向からぶつかり合おうな? 俺はこの短いキャリアの中でいろんな実績を残してきた。Xディヴィジョンのベルトを3回巻いたし、(去年の)『インパクト・スーパーXカップ』を優勝した。でもリングの中には個人的な感情は持ち込まないって決めてる。アレックス、悪いが君を怒らせるような結果になったとしても、俺は絶対に勝たないといけない。だから、君が負けるのは”INEVITABLE”」


YOH「最後、トリックがさ、トリックが……見抜けなかった」

 

➡次ページ(後半戦)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2