【DDT】彰人がまたまたフェロモンズ入りに失敗!6・1後楽園で「エクスカリバーチャレンジ」に最後の挑戦

 DDTプロレスが5月26日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、DDTの“ハレンチ軍団”フェロモンズ入りを目指す彰人がまたまた「エクスカリバーチャレンジ」に失敗し、6月1日の東京・後楽園ホールでラストチャンスに臨むことになった。

 サイバーファイトフェス(6月12日、さいたまスーパーアリーナ)でフェロモンズ(飯野“セクシー”雄貴、男色“ダンディ”ディーノ、今成“ファンタスティック”夢人)と組んで、高木三四郎、ケンドー・カシン、青木真也、堀田祐美子組と対戦する彰人は、高木の密命で内部に入り込んでフェロモンズ壊滅に挑むことになった。

5月22日の後楽園では飯野、ディーノと組み、HARASHIMA、大鷲透、アントーニオ本多組と激突したが、試合後、ユニット入りを懸けて「エクスカリバーチャレンジ」に臨んだが失敗。翌23日にも井上京子の店「あかゆ」で再挑戦したが達成できなかった。

「エクスカリバーチャレンジ」とは、飯野の尻(通称=セクシーの丘)に刺さった“性剣”エクスカリバーを親指と人差し指でつかみ5秒以内に引き抜くことができれば、“フェロモンの勇者”としてユニットに加入できるという通過儀礼。

 この日、フェロモンズの居場所を聞いたという彰人が会見場に現れ、「エクスカリバーチャレンジ」への再チャレンジを要望。ディーノは「テメエが入ることはやぶさかじゃねぇ。でもチャレンジに成功してもらわなければ歓迎はできない」として、彰人は3度目の挑戦に臨んだ。

「尻が緊張状態にあるんで、筋肉をほぐせばエクスカリバーが外れやすくなる」とした彰人はマッサージ器具を持参し、飯野の尻周辺をほぐしながら試みるも、“性剣”は抜けなかった。

 彰人は「ラストチャンスをください。次で決めます。どんな手を使ってでも・・・」と懇願すると、ディーノは「6・1後楽園で決めないとダメ。ラスト1回だ。ダメなら、サイバーファイトフェスのカードは変わるかもしれない」と最後通牒を宣告した。

 意を決した彰人は「絶対引っこ抜いてフェロモンズのメンバーとして認めさせる!」と力を込めた。

What are you doing 2022
日時:2022年6月1日(水) 開場17:30 開始18:30
会場:東京・後楽園ホール

Road to CyberFight Festival 2022!スペシャル6人タッグマッチ
男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&彰人 
vs 
高木三四郎&青木真也&石田有輝

▼大会詳細は公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/schedules/17659

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事