【訃報】ターザン後藤さんが逝去、「ジャンボ鶴田23回忌追善興行」追悼10カウントゴングで大仁田が涙

5月31日、大日本プロレスより「鬼神」の異名で全日本プロレスやFMW、そして大日本プロレスなどで活躍されたターザン後藤(本名:後藤 政二)さんが29日に肝臓がんで逝去された事が発表された。

享年58歳の若さであった。

▼大日本プロレスHPリリースより

【訃報】ターザン後藤さんに関して
1997年頃に大日本プロレスに参戦していただいたターザン後藤さん(本名:後藤 政二さん)が亡くなられました。
ターザン後藤さんは1963年8月、静岡・島田市出身。
79年に大相撲の九重部屋で初土俵を踏み、その後全日本プロレスに入門。
81年2月に越中詩郎戦でプロレスデビュー。
89年FMWの旗揚げに参加し大仁田厚を支える女房役としてデスマッチ路線でも活躍。
90年8月に汐留で行われたノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチは大きな反響を呼び、その年のプロレス大賞年間最高試合賞を受賞。
95年大仁田厚の2度目の引退試合を直前にしてFMWを離脱し、その後はインディ・プロレス界の重鎮として各団体に参戦。
大日本プロレスでも松永光弘とのタッグやグレート小鹿との対戦など、数々のデスマッチで人気を博しました。
後藤さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

また31日、東京・後楽園ホールで開催された「ジャンボ鶴田23回忌追善興行」でも、大仁田厚が出場した第2試合の試合後に追悼の10カウントゴングが鳴らされた。

▼試合後バックステージコメント

大仁田「鶴田さんとは合宿所で渕さん、園田さん、大仁田、鶴田さん、ずっと3年間暮らしてましたので、すごいその思いは色々あるんですけど。前々日にターザン後藤が亡くなりまして、不思議なことにターザン後藤はジャンボ鶴田さんの付き人だったんですよ。ホントにターザンの曲を聞いた時、まだまだターザンが出てきそうで。この鶴田さんの23回忌出れたことはホント幸せに思います。あと久しぶりに超満員の後楽園ホールを見て、コロナもこのまま収束してくれるのかなと。鶴田さんの俺たちに対する贈り物かなと感じましたんで、今日はどうも有難うございました。」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事