【ストロングスタイルプロレス】<6.9後楽園ホール大会>RIZIN連勝の関根“シュレック”秀樹が船木誠勝と夢の一騎打ち実現!

“初代タイガーマスク”佐山サトル率いるストロングスタイルプロレスが、6月9日(木)東京・後楽園ホールにて、「初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.17」を開催する。

この日、6月9日は団体旗揚げ記念日という重要な日。
初代タイガーマスクが「ストロングスタイルの復興」をテーマにスタートさせたコンセプトは、今や男子だけでなく女子にも受け継がれている。

その最たるところのタイガー・クイーンは今回フリーの高瀬みゆきとシングルマッチ。
前回、3.17後楽園で初対決を行いクイーンが勝利したが、試合後「勝てたけど、悔しいです。」と初の肉声を披露してしまうほどの辛勝だった。
今回はどちらに軍配が上がるのか、注目が集まる。

メインでも前回の3.17後楽園でタッグでメインだった、船木誠勝と関根“シュレック”秀樹が一騎打ち。
前回は30分時間切れ引き分け。試合後に関根より船木への一騎打ちをアピールしたのが叶った一戦となる。

 

【初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.17】

▼日時:6月9日(木)開場:17時30分 / 試合開始:18時30分 

▼会場: 後楽園ホール

▼主催:初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレス
▼共催:一般社団法人初代タイガーマスク後援会

 

 

【対戦カード】


《メインイベント シングルマッチ 60分1本勝負》
船木誠勝(フリー)
vs
関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア)

 

 


《セミファイナル タッグマッチ 30分1本勝負》
タイガ-・クイーン(一般社団法人初代タイガーマスク後援会)
vs
高瀬みゆき(フリー)

 


《第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負》
スーパー・タイガー(第15代レジェンド王者ストロングスタイルプロレス)&間下隼人(ストロングスタイルプロレス)
vs
真霜拳號(2AW)※初参戦&花見達也(2AW)※初参戦

【真霜拳號コメント】
3月に素晴らしいカードを準備してくれていたのに、コロナ罹患により欠場してしまったんでね。そのうち改めて、と思っていたストロングスタイルプロレス参戦が遂に来た。
相手は所属の二人、対抗戦ってわけだ…面白いじゃねぇか。
ストロングスタイルプロレスがどういうものか、存分に味わわせてもらいますよ。

【花見達也コメント】
6月9日後楽園ホール大会に参戦します、千葉プロレス2AWの花見達也です。今回ストロングスタイルプロレスさんに初参戦ということで、とてもワクワクしています。
相手は闘ってみたかった間下選手、そしてレジェンド王者であるスーパー・タイガー選手。
ストロングスタイルプロレスで1番強い男が目の前に立つということは、もちろんそこを狙っていきます。初参戦にして、俺がストロングスタイルプロレスの王者から取ってやります。
この花見達也を見ていてください。

【スーパータイガーコメント】
昨年大きく成長した間下との兄弟喧嘩も一時休戦で、久々のタッグチーム。
敵に回すとややこしいが、味方につければ何より心強い間下。その流れから2AWとの対抗戦、真霜との因縁、勢いのある花見、旗揚げ記念大会にふさわしいカードに、気持ちが高まるばかり。
メイン、セミを超えるケンカストロングスタイルを魅せてやる!

【間下隼人コメント】 
これはどっからどう見てもストロングスタイルプロレスvs2AWの対抗戦!
こんな燃えることはない。
去年激しく闘った我々兄弟弟子がチームを組む以上、それなりの覚悟があると受け止めますんで、真霜選手、花見選手。お互い看板背負ってケンカしましょうや。
メインもセミも全試合、全部俺が喰ってやる!

 


《第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負》
ジャガー横田(ワールド女子プロレス ディアナ)&梅咲 遥(ワールド女子プロレス・ディアナ)
vs
中森華子(PURE-J女子プロレス)※初参戦 &本間多恵(フリー)※初参戦

 


《第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負》
将軍岡本(第5代UWAアジアパシフィックヘビー級王者/VOODOO-MURDERS)
&日高郁人(ショーンキャプチャー)
vs
関本大介(大日本プロレス)
&阿部史典(プロレスリングBASARA)

 


《第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負》
笹村あやめ(2AW)※初参戦
vs
マドレーヌ(ワールド女子プロレス・ディアナ)※初参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事