【CyberFight】小島聡がGHCヘビー級王座を潮崎豪から奪取!史上4人目のグランドスラム達成!

CyberFightは6月12日、さいたまスーパーアリーナで「CyberFight Festival 2022」を開催。メインイベントで行われたGHCヘビー級選手権試合で王者・潮崎豪と小島聡が激突するとラリアットで小島が潮崎を下して王座を奪取した。

これにより小島は新日本プロレスのIWGPヘビー級、全日本プロレスの3冠ヘビー級と合わて、佐々木健介と髙山善廣、武藤敬司に続く4人目の3大メジャー制覇「グランドスラム」を達成。

この対決はノア4月30日、両国国技館大会で丸藤正道のパートナー史上最大のXとして小島聡(新日本プロレス)が登場。同大会のメインでで行われたGHCヘビー級王座決定戦で王座を獲得した潮崎に「次のチャレンジャーは俺だ!」と挑戦表明をして決定したカード。


©CyberFight
©CyberFight

一大イベントのフェスのメインにふさわしくど派手な演出で入場した試合は、得意のチョップ、ラリアットの対決となったが小島が潮崎をラリアットで沈めた。


©CyberFight

©CyberFight

勝利した小島は「しんどい…『CyberFight Festival 2022』たくさんのご来場誠にありがとうございます。すごく強いチャンピオンと対戦して身体が超ボロボロになっていますが、いまはこの喜びをいろんな人に伝えたいと思います。本当にありがとうございました」と激戦を振り返り感謝を述べると、拳王の入場テーマが流れて拳王がリングに登場。「プロレスリング・ノアは新日本プロレスの天下り先じゃねえぞ!」と不満をぶつけ「俺が未来を切り開いていってやるぞ。ノアで一番権威のあるそのベルト、俺に挑戦させろ!」と次期挑戦者に名乗り出た。

すると小島は「拳王、もう少し年長者をいたわれよ。お前何歳だ?俺はもうすぐ52歳になっちゃうんだぞ。年齢なんか関係ねえけど、ただお前のそういうやり方がすごく気に入らねえ。だから俺とこのベルト懸けて試合しろや」と挑戦を受諾した。

拳王がリングを後にすると「本当に数少ないチャンスの中、こういうことに恵まれ私はすごく幸せなプロレス人生だったと思います。なんか引退するみたいになってますけど大丈夫です。ということで、またこれからもいっちゃうぞバカヤロー!」と締めた。


©CyberFight

バックステージで小島は「何年かぶりかにこういう団体の主要であるチャンピオンになることができました。三冠ヘビー級チャンピオンと、IWGPチャンピオンと、そしてGHCチャンピオン。挑戦するときはあまりそのグランドスラムと言われてることに意識がありませんでした。ただいろんな方にそうやって言っていただき、私自身いつの間にか、とてもそれを意識するようになりました。そして、51(歳)を過ぎてまたこういうベルトに挑戦する機会を得ることができたのと、そしてこのベルトを取ることができ、ほんとに感慨無量だといま痛感しています」と喜びを語っていた。

【大会名】CyberFight Festival 2022
【日時】2022年6月12日
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ
【観衆】4891人

▼メインイベント GHCヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>●潮崎豪 vs 小島聡○<挑戦者>
21分11秒 片エビ固め
※ウェスタン・ラリアット。潮崎が初防衛に失敗、小島が第39代王者となる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事