【ドラゴンゲート】石田凱士の退団を発表

ドラゴンゲートは7月26日、石田凱士が24日をもって退団したことを発表した。

突然の退団発表にはファンの驚きの声がSNSで多く見られた。

石田は2015年9月11日さいたま・春日部ふれあいキューブ(vs山村武寛)でデビュー、2019年11月にブレイブゲート王座を獲得。同年12月には『R・E・D』に電撃加入

そして、2022年1月にEitaと共にR・E・Dを追放されると、土井が立ち上げた新ユニット『GOLD CLASS』でトライアングルゲート王座を獲得するなど活躍をしていた。

石田凱士の関連記事はこちら

以下、団体からのリリース

このたび、団体所属の石田凱士選手が 7月24日をもって退団致しましたことをお知らせ致します。

本人からの申し入れに団体としても慰留を致しましたが、意思も固く、気持ちを尊重するに至った次第です。

なお、本人の希望により、この発表をもって皆様へのご報告とさせていただくことを何卒ご了承くださいませ。

これまでDRAGONGATEのリングで同選手を応援いただいたファンの皆様へ、この場をお借りして心からの御礼を申し上げます。

DRAGONGATE株式会社

石田が今後どのような活動をして行くかは不明だが、その動向には注目だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事