【新日本】場外戦希望の矢野に応じず。超重量級の力を見せつけ、ファレ2連勝!<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは7月26日(火) 、東京・後楽園ホールにて『G1 CLIMAX 32』を開催。

第7試合ではAブロック公式戦が行われ、矢野 通とバッドラック・ファレが対戦。

及び腰の矢野は、自らを鼓舞しながらファレにエルボーを叩きこむ。しかし、ファレの力技に敵わないと思ったか、自らリングを降り場外戦を希望。イスに座りファレを呼び込むが、ファレは応じずリングに腰を掛ける。場外カウントが取られ、危うくリングアウトになるところを19カウントでリングに滑り込んだ。

その後、矢野は頭脳戦をしかけるが、ファレの超重量級の体重で丸め込まれ惜しくも勝ち点を捧げる結果となった。

これで、矢野 通は公式戦(1勝2敗=2点)、バッドラック・ファレは公式戦(2勝1敗=4点)となった。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年7月27日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1,323人(満員)

<試合結果>

▼第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 32」Aブロック公式戦
矢野 通×(1勝2敗=2点)
vs
バッドラック・ファレ〇(2勝1敗=4点)
5分36秒  横入り式エビ固め

■試合後バックステージにて

ファレ「矢野……もう簡単に俺を欺くことはできないぞ。お前の手口はお見通しだ。俺はお前の倒し方を身に付けた。これでお前はもっと小狡くならないといけなくなったな。TOO EASY! TOO EASY! TOO SWEET!」

矢野はいつもの泣きの表情でバックステージに登場。
「あー! あー重い! 重い! 何てことやってくれるんだ! 小っちゃいことやりやがって!」とコメントした。

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354187?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加