【新日本】後藤が棚橋を撃破し首位タイの3勝目!試合後、マイクで「お父さんは本当は強いんだ!」<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは2022年8月10日(水)、広島・広島サンプラザホールにて『G1 CLIMAX 32』を開催。

メインの第9試合ではCブロック公式戦が行われ、棚橋弘至と後藤洋央紀が対戦。

調子を上げているエース棚橋は膝殺しで攻め立て、中盤に放った張り手で後藤は口から流血となり大ピンチに陥る。

6月の大阪城決戦でも棚橋に敗れている後藤は意地の反撃を見せ、最後は昇天・改を決めてGTRにつなぎ3カウントを奪取。

首位タイの3勝目となった後藤は大きな勝利を手にした。

これで棚橋弘至は公式戦(3勝2敗=6点)、後藤洋央紀は公式戦(3勝2敗=6点)となった。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年8月10日(水) 17:00開場 18:30開始
会場:広島・広島サンプラザホール
観衆:1,522人

<試合結果>

▼第9試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 32』Cブロック公式戦
棚橋 弘至 ×(3勝2敗=6点)
vs
後藤 洋央紀 〇(3勝2敗=6点)
19分01秒  GTR→片エビ固め

 

試合後、勝利を収めた後藤はマイクを手に取り「G1 CLIMAX残る公式戦はあと1戦。かろうじて俺もまだ生きてます!次もしっかり勝って、この暗い世の中に希望の光を灯したいと思います!最後に自宅でワールドを見ている息子に一言言わせてください!お父さんは本当は強いんだ!最後の最後まで生きて、生きて、生きまくるぞーッ!」

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2