9・12代々木でのTAKAみちのく30周年記念大会に新日、鈴木軍、全日本、スターダム勢が大挙集結!「自分が手掛ける最大の大会。ここでしかできないカードが組めた」【タカタイチデスペマニア】

 JUST TAP OUTを率い、新日本プロレスにもレギュラー参戦するTAKAみちのくが9月12日、東京・国立代々木競技場第二体育館で「LEC株式会社presents TAKAみちのく30周年記念大会~タカタイチデスペマニア」(JTO主催)を開催し、新日本、鈴木軍、全日本プロレス、スターダムからも選手が大挙集結する。今大会は会場と協議し、キャパシティ50%で声出し応援が可能となる(マスク着用必須)。そのTAKAが記念大会を前に意気込みを語った。

 TAKAは1992年9月4日、ユニバーサル・プロレスの東京・後楽園ホールでデビュー。その後、みちのくプロレスの旗揚げに参加し、FMW、バトラーツ、パンクラスなどさまざまな団体にも出場。1997年にはWWF(現WWE)と契約し、初代WWFライトヘビー級王座を戴冠。2000年にプロレスラー養成所KAIENTAI DOJO(K-DOJO)を設立し、2002年4月に国内で団体として旗揚げ。代表として奔走するかたわら、全日本、プロレスリング・ノア、新日本マットで活躍し、2011年には鈴木みのると鈴木軍を結成。K-DOJO退団後の2019年7月にJTOを旗揚げし、選手としては新日本でもファイトしている。

 30周年大会について、TAKAは「名もなき団体でデビューして、小さい体でどこまでできるかと思ってたんですが、運よくみちのくとか、いろんな団体に出れて、米国に行けて、波乱万丈ながらいい30年でした。生涯現役のつもりなんで、辞めはしないですけど、この先35年、40年では、今のように動けないなと。今がギリギリ、30周年が一番大きいことができると思って。本当は両国国技館でやりたかったんですけど会場が取れなくて、後楽園以上の会場ということで、いろいろあたった結果、代々木になりました。

25周年(2017年9月4日、後楽園)で飯伏(幸太)と組んでオカダ(カズチカ)、外道とやったんですが、これ以上のカードはないなって。世界のトップレベルの選手とやったんで。30周年は自分がメインじゃなく、30年やってきて培った人脈だったりを総動員して、お客さんが見たいものをやりたい」と話した。

 TAKAはタイチ(新日本)とのコンビで2013年10月にIWGPジュニアタッグ王座を奪取すると、2人の反逆精神で同11月に初の「TAKAタイチ興行」を開催。同興行はシリーズ化し、新日本ではできないことを追求し、後に「タカタイチマニア」としてブランド化。そのなかでエル・デスペラード(新日本)がブレイクし、今大会はスペシャル版の「タカタイチデスペマニア」として行われる。

 主役となるTAKA、タイチ、デスペラードはそれぞれ別の試合に「トリプルメインイベント」で出場。TAKAはCIMA(GLEAT)、カズ・ハヤシ(同)とのトリオで、ザ・グレート・サスケ(みちのく)、ディック東郷(フリー)、外道(新日本)組と対戦する。

TAKAは「自分の試合は30周年を物語るカード。サスケ、東郷、外道はユニバーサルの先輩。何度も戦って、勝ったこともありましたけど超えたという印象がない。何より25周年で先輩に勝ったと思ったら、最後コロッと外道に外道クラッチで負けてしまった。自分は周年に弱くって、10周年、15周年、20周年、25周年、全部勝ってない。節目で勝てないので、今回こそ勝ちたいなとの思いが強いです。そのリベンジをしたい。3人のうち、誰でもいいから、この大舞台で勝って恩返ししたいという思いもあります。カズはユニバーサルでの同期、CIMAとはメキシコで初めて会って、25年くらいの付き合い。敵対したり、組んだこともあって。今年の新日本のNJC1回戦でまさか日本武道館でシングルやるなんて想像もしなかった。その2人と組んで先輩と対戦できる。最高の6人タッグが組めたなと思います」と必勝を期した。

 ファイナルマッチは自身の試合ではなく、デスペラードVS葛西純(FREEDOMS)のシングルマッチとなる。「『TAKAタイチ興行』で葛西が現れて、デスペラードが入ってきて、葛西とやり合って、いろんな物語が生まれました。3年前に初シングルやったときは決着がつかなかった。この2人の戦いは特別だと思うんで、今回は完全決着戦。ルールは2人にお任せで、事前の発表はしません。デスマッチ、ハードコアマッチとはうたわず、当日2人のやりたいことをやってもらう。2人が何を持ち込むのか、2人にしかできない世界をつくってもらいたい」と期待を寄せた。

 もう一つのメインは、タイチ、ヨシタツ(全日本)組VS後藤洋央紀(新日本)、田口隆祐(同)組。タイチは全日本出身だが、今年でデビュー20周年。新日本出身のほかの3選手も20周年で、ここでしかできない同期4選手によるメモリアルマッチになる。5月6日に後楽園で開催された「タカタイチマニア2.5」でタイチとヨシタツが再会のシングル戦を行っており、それがきっかけとなって同期4人によるタッグマッチが組まれた。

 また、TAKAのキャリアのなかで切り離せないのが鈴木軍だが、ボスの鈴木を始め、金丸義信、DOUKIが参戦。この3人がトリオを組んで6人タッグマッチを行うが、対戦相手は現時点で未定。TAKAは「このチャンスを使って、のし上がってやろうという若者に名乗りを挙げてほしい。JTOでも他団体でもいい。声が挙がって面白いと思えば組もうと。これをきっかけに爆発する選手が出たら面白い。ここで名を上げたい、鈴木みのるを倒したいというヤツに出てきてほしい」と公募中だ。

 特筆すべきは、稲葉ともか、Aoi組VS舞華、MIRAI組のJTO VSスターダムの対抗戦が実現すること。同日、スターダムは後楽園大会があるが、この2人は自身の団体の興行を欠場して参戦する。JTO女子のエースである稲葉にとって、MIRAIはK-DOJO時代の同期生、舞華はJTOでの同期生で、稲葉の強い要望により組まれた。舞華とMIRAIは別ユニットに所属しているため、この試合限定の特別なタッグとなる。

 そのほか、武蔵龍也、綾部蓮、ファイヤー勝巳組VS火野裕士、木高イサミ、ヤス・ウラノ組は、TAKAにとって、JTOでの愛弟子とK-DOJOでの愛弟子による一戦となる。女子では神姫楽ミサ、柳川澄樺、rhythm組(JTO)VS山縣優(フリー)、ハイビスカスみぃ(琉球ドラゴンプロレス)、YuuRI(ガンバレ☆プロレス)組戦が組まれた。山縣とみぃはK-DOJO出身、YuuRIは元JTOで、現在JTOに所属するメンバーと、TAKAの元を巣立った選手との戦いになる。

 最後にTAKAは「自分が手掛ける最大の大会になると思います。何一つムダがない、ここでしかできないカードが組めました。声出しもOKですし、お客さんには楽しんでもらいたいし、その自信もあります」と力を込めた。

〈写真提供:JUST TAP OUT

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加