【ノア】グレート・ムタvs中邑真輔のシングルマッチが1.1日本武道館にて電撃決定!中邑「これは、キセキだ!」

プロレスリング・ノアは10月30日有明アリーナにて、プロレス興行ではこけら落としとなる武藤敬司引退ロード第3弾『ABEMA presents 有明凱旋ーTHE RETURNーPRO-WRESTLING LOVE FOREVER . 3 ~TRIUMPH~』を開催。

第4試合終了後に1月1日 日本武道館大会に、グレート・ムタが出場、そしてその対戦相手がなんとWWEスーパースター 中邑真輔に電撃決定した。

同年1月22日横浜アリーナでファイナルマッチを迎える魔界の住人 グレート・ムタの登場だけでなく、その対戦相手としてWWEスーパースター中邑のノア参戦が決定、元日から2023年最大級のドリームマッチが実現する。

【中邑真輔コメント】
「WWEスーパースター、SHINSUKE NAKAMURA!なんだ?夢か?幻か?紛れもない、現実だ!2023年1月1日元日、日本武道館。SHINSUKE NAKAMURA対グレート・ムタ!言葉は要らねえな。これは、キセキだ!」

ABEMA presents NOAH “THE NEW YEAR” 2023
日時:2023年1月1日(祝・日)開始:16:00 開場:15:00 
会場:東京・日本武道館

【NEW決定対戦カード】
<スペシャル シングルマッチ>
グレート・ムタ VS 中邑真輔(WWE/スマックダウン)

<配信情報>
ABEMAにて生配信
https://abema.tv/

【WWEスーパースター 中邑真輔プロフィール】
キング・オブ・ストロングスタイルの異名を持つSHINSUKE NAKAMURAは、リング上での激しい打撃とサブミッション・ホールドを織り交ぜたハードヒット・スタイルをとっている。その代表的な技はキンシャサ(膝蹴り)であり、数多くの選手を倒してきた。

新日本プロレスでは、WWE殿堂入りのアントニオ猪木、ベイダー、ザ・グレート・ムタ、AJスタイルズらと並ぶIWGPヘビー級王者に3度輝いただけでなく、23歳で戴冠という最年少記録を保持している。

WWE NXTで頭角を現し、NXTチャンピオンに2度輝いた後、SmackDownでジョン・シナ、ランディー・オートン、ドルフ・ジグラーなど、彼の行く手をさえぎるあらゆる相手から勝利を収め、優れた戦績を収めた。

NAKAMURAはその強打のスタイルで2018年のロイヤルランブルマッチに優勝し、2度にわたってUS王座を獲得、初のインターコンチネンタル王座を獲得し、その後セザーロとSmackDownタッグ王座に就いている。最近では、NAKAMURAはリック・ブーグスと手を組みキング・コービンを倒してKING NAKAMURAとなった後、2度目のインターコンチネンタル王座を奪取している。

2021年のキング・オブ・ザ・リング・トーナメントの開始とともに、SHINSUKEは王国を放棄し、インターコンチネンタル王座に専念することを選択した。しかし、たとえ王冠がなかったとしても彼はストロングスタイルの王であり続け、SmackDownのロッカールームで彼に逆らう誰にとっても、これまで以上に危険な存在であることは間違いない。

※WWE公式サイト(https://www.wwe.com/)プロフィールより(原文は英語)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加