【リアルジャパンプロレス】<船木誠勝 独占インタビュー>自分が憧れて、プロレスラーなった初代タイガー主宰のリングに上がれる。それが一番嬉しい。4.27後楽園大会は4人全員がシングルマッチの気持ちで闘う!

【船木誠勝 独占インタビュー】

(2017.4.20 都内にて)

 

自分が憧れて、プロレスラーなった初代タイガー主宰のリングに上がれる。それが一番嬉しい。4.27後楽園大会は4人全員がシングルマッチの気持ちで闘う!

 

――リアルジャパン4・27後楽園大会で関本大介選手とタッグを組みますが。

 

「いままで、ないですね。初めてです。タッグやシングルで闘ったことはありますけど、組むことはなかったですね」

 

――(レジェンド王座の)ベルトをかけて何度も闘った相手ですからね。

 

「そうですね。お互い知ってるんですけども、知った上で言えば、一緒にタッグを組んでやるという感覚がまったくないまま組むような気がします」

 

――とはいえタッグを組むことはすでに決まっています。どんなチームになりそうですか。また、チームとして機能するのかも気になりますが。

 

「そうなんですよね。(関本が)すごく頑丈なのは知ってますので、そういう意味では頼もしいとは思いますね。どうですかね? (どんなチームになるのか)パッとアタマに思い浮かばないんですけども…絶対に合体なんてないですね」

 

――タッグマッチではあるけれども、船木選手に限らず4人全員がシングルマッチのような気持ちで闘うのではないかと。

 

「そうですね。そんな感じじゃないですかね」

 

 

――今回タッグを組む船木選手、関本選手はレジェンド王座をめぐり、ベルトの価値を上げてきた選手だと思います。初代タイガーマスク選手の欠場している間にリアルジャパンのメインを張ってきた2人ですよね。その意味では非常に価値のあるチームなのかと思いますが。

 

「そうですよね。まあ、なにがどうなるのかわからないですけども、これが始まりなのか、2度と組まないのかはわからないですけど、やってみる価値はあると思いますね」

 

――関本選手とのタイトルマッチを振り返ってみていかがですか。

 

「すごくいい経験になりましたね。自分がフリーになって何回かいろんな人と闘ってきた中で、ダントツの上位ですよね。それこそ1番、2番ですよ。勝った試合も負けた試合もすごく印象に残ってます。なので、それも含めて組むというのがちょっとしっくりこないというか、もしかしたら(近い将来)3回目のシングルマッチがあるような感じもするんですよ。なので、自分としては組むよりも、やる相手のような気がします」

 

――組んでみることで、途切れていた関係がどう発展していくかというきっかけにもなり得ますね。

 

「そうですね。正直、組んじゃうとやりづらいというか、そういう気持ちもあるんですね。やっぱり組むということは、敵じゃないですから、そういう意味では距離感を保ちながらのタッグになるような気がしますね」

 

――初代タイガーマスク選手が欠場したときに船木選手が“リアルジャパンを守る”とおっしゃっていましたが、関本選手の存在があってこそそれができたのではないでしょうか。

 

「相手がいないと試合は成り立たないので、そういう意味ではホントに目の前にいてくれたのが関本選手だったんですね」

 

――関本選手は世代的にはまったく異なりますが。

 

「一世代後になると思います。年齢も10歳くらい違うんじゃないですかね。実はですね、2005年にさかのぼるんですけども、“真説タイガーマスク”というビデオ映画、佐山さん監修でタイガーマスク役をやったんですけども、(関本が)そのときの練習相手だったんですよ。そのときに佐山さんと2人で、この選手はいいですねという話をしていたんです。そこから5,6年後ですか、動く姿を初めてリングで見まして、やっぱりいい選手に育ちましたよね」

 

 

――ただ、チームでやるとなると連係は?

 

「わかんないですけども、当日、会って話をしてみたいと思います。カシン選手とも2年前にタッグを組んだんですけど、連係なんかまったくなかったですから。最後に握手をしようとしたんですけども手を払われて、その後に控室が別だったので、一応控室にいったんですけども、もうすでに帰った後で…」

 

――カシン選手はいなかった?

 

「ええ、そんな感じだったんで、関本選手とも一夜限りになるかもしれないですけどね」

 

――船木選手としては、タッグで闘うというのはどうなのでしょうか。

 

「タッグマッチはやっぱり連係がすごく重要になりますので、ホントに気心が知れた人と組む方が自分は好きですね。こういう知らない人と組むとバラバラになってしまうので、正直、あまり知らない相手とパートナーとして組むのは好きじゃないです」

 

――しかし見る方からしたらそこが一番の見所になるのではないかと。

 

「たぶんそうです。やっぱり勝ちたいですから、勝つということでは連係がすごく大事だと思います。勝敗はどうなるかわからないし、誰が負けてもおかしくない。実力者ばかりなのでわからないですよね。ですので、自信は、ないですね」

 

――勝つことへの自信ではなく、チームとして機能させる自信がないということですか。

 

「そうです。タッグチームとしての自信はないですね」

 

――では、パートナーとの連係を意識するよりも自分自身で勝ちを取りにいくことになりますか。

 

「それも含めて、関本選手の意識(しだい)のような気がしますね。合わせてくれるのか、自分本位でいくのか、そこだと思います。自分はやるからには勝ちたい。タッグマッチでも勝ちたい。そういう意味では関本選手の動向がすべてですね」

 

⇒次ページに続く!

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2