【船木誠勝インタビュー】~甦ったサムライ船木誠勝デビュー33周年記念~ 『船木誠勝×初代タイガーマスク×新間寿スペシャルトークショー』<3.3大阪(道頓堀角座)開催>

船木誠勝、デビュー33周年の3月3日3時3分

初代タイガーマスク&“過激な仕掛け人”新間寿とトークショー開催!

船木誠勝が3月3日(土)午後3時3分より、デビュー33周年を記念するトークショーを大阪(道頓堀角座)で開催する。

このイベントには、船木がプロレスラーをめざすきっかけとなった初代タイガーマスクと、タイガーのデビューやアントニオ猪木vsモハメド・アリの異種格闘技戦などをプロデュースした過激な仕掛け人、新間寿が“特別参戦”。

この3人によるトークは初めてだけに、どんな話が飛び出すのか興味津々だ。

「闘宝伝承2018前哨戦~甦ったサムライ船木誠勝デビュー33周年記念~船木誠勝✕初代タイガーマスク✕新間寿スペシャルトークショー」と銘打たれたイベントを前に、船木にインタビュー。

なぜ33周年なのか、さらには2018年のテーマなど、話を聞いてみた(聞き手・新井宏)

 

――船木選手にとって2018年はデビュー33周年にあたります。

「33年が経ちましたね。つまり、3年前が30周年だったわけですけども、そのときはWRESTLE-1に所属してまして、その前の年が武藤(敬司)さんの30周年だったんですよ。自分よりもデビューがちょっと早いですから。自分は年をまたいで次の年にデビューしてますので。自分はちょうど半年ずれてて、武藤さんの30周年が先にあって、その年に自分はWRESTLE-1を退団してフリーになったんです。30周年をやるきっかけもなくなってしまったんですよね」

――フリーに転向したのが2015年でしたね。

「ハイ、その年にちょうど大阪に行きまして、大阪に住んで3年経ってようやくなんか安定してきたというか、そろそろこのへんでなにかやろうと。今年3月13日に49歳になりますけども、まだ身体が元気なうちに、50歳手前で一回記念(イベント)をやりたいなと」

――遅れてきた30周年記念、みたいな感じですか。

「そうですね」

――30周年をちゃんとしたかたちでできなかったので、33周年のいま、あらためてということですね。

「そうです。なぜ33なのかと不思議に思われると思うんですけど、そういう経緯で決まりました。ちょうど3月3日がデビュー戦だったんですよ。ですから33周年となる3月3日にまずイベントをやろうと。それでできあがったのが、今回のイベントになりますね」

――トークショーというかたちですね。

「ハイ」

――33周年を迎えるにあたり、昨年はどんな一年だったかお聞きしたいのですが。

「昨年は、フリーになって一番試合が多かったですね」

――あらゆる方向のプロレスをしましたよね。

「ええ。その前の年も試合は多くなったんですけども、昨年のほうがもっと多かったですね。かなり試合をした記憶があります」

――さまざまなスタイル、あらゆる方向のリングに上がっていましたよね。

「そうですよね。フリーになって最初の3年間は、オファーされた試合は全部出ようと思ってたんですよ。昨年がそのピークだったですね」

――それこそ、UWFあり、FMW、デスマッチありと。

「右から左まで全部やってしまった感じがしますよね。今年、年が明けてちょっと振り出しに戻したいなという気持ちもあります」

――デスマッチを体験していかがでしたか。

「刺激がありました。刺激があったんですけど、正直、自分のスタイルじゃないなというのは感じました。でも、一回経験しておいてよかったとは思います」

――プロレスラーとして、より幅が広がったと。

「そうですね。自分の土俵じゃないなというのは、わかりましたけどね」

――自分の土俵以外でも闘うのがプロレスラーでもありますからね。

「そうなんですよ」

――さまざまな団体に上がるなかで、主戦場と言えるのはリアルジャパンだったと思いますが。

「ええ、一番しっくりきましたね。フリーになってからは、その年が終わる前に必ず平井さん(リアルジャパン代表)から翌年のスケジュールを出してもらってるんですよ。それをまず入れてからその年のスケジュールが決まっていくという感じですね。それがいまの日常になっています」

――リアルジャパンでは昨年、レジェンド王座を奪回、スーパー・タイガー選手に明け渡すことにもなりました。常にタイトル戦線にいた印象があります。

「自分で言うのもなんですけども、チャンピオンベルトを取ったことからレジェンド王座の活性化につながったような気がしますね」

――事実、船木選手がリアルジャパンのリングに上がるようになってから、レジェンド王座の価値がどんどん上がっていきました。

「いろんな選手がベルトに挑戦して取ったり取られたりだったじゃないですか。そういった流れがこの3年ですごくできてきたような気がしますね。自分がちょうど3年前、フリーになってすぐにスーパー・タイガー選手から取って、昨年の暮れに取られてという、その2年間はホントにいい感じでベルトを中心に回ってたと思いますね」

――その間に関本大介選手や大谷晋二郎選手もベルトを巻きました。タイトル戦線が活性化して、大会のメインで組まれるのが当たり前になりましたよね。

「そうですね。それはよかったと思います。ベルトが甦った、みたいな。最初取ったときはベルトがものすごくキレイだったんですけども、いろんな選手が持ち歩いているうちにどんどん汚くなってきて(笑)」

――いい意味で汚れていったと。

「年季が入ってきましたよね。以前に全日本で三冠王座取りましたけど、ベルトがボロボロでしたからね。そうやってベルトは年季が積み重なっていく。いろんな人が巻くことによってそうなっていくんですよね」

――ベルトが動いている、活性化している証拠ですからね。

「そうなんです」

 

⇒次ページに続く

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2