【INOKI ISM】猪木氏「日本VSブラジル 5対5」8・31大田区大会で開催

アントニオ猪木参議院議員が「ブラジル移民110周年記念INOKI ISM.3~JUNGLE FIGHT JAPAN初上陸~」を8月31日、東京・大田区総合体育館で開催。日本とブラジルが「MMA 5対5 国別対抗戦」を争い、日本の監督を藤原喜明、ブラジルの監督をヴァリッジ・イズマイルが務める。他にプロレス2試合、オープニングファイトも行われる予定だ。

猪木議員は「師匠の力道山が元気、勇気を送ったように、リングの上から何かメッセージを世界へ発信していきたい」と大会への意気込みを明かした。

「僕の仕事をきちんとこなしていきたい」という藤原監督は「桜井隆太(R-BLOOD)、瓜田幸造(掣圏会館)は決定」と日本チームの選抜を進めている。

イズマイル監督は「この大会を通じ、新しい世代の育成に力を入れたい」と目を輝かせた。

対戦カードは追って発表されるが、日本とブラジル、両国の架け橋となってきた猪木議員の仕掛けが楽しみになってきた。

記者会見の前に、トイレでバッタリ猪木議員に会った。「おお! 元気? フフッ」と、いつものように明るく笑顔で話しかけてくれた。そのあと「誰だっけ?」といつものジョーク。

猪木議員はいつ何時でも元気をくれる人だ。

発表の際にも、引退20周年パーティでも 闘魂オーラ全開。引退して20周年とはいうものの、その闘志は衰えず「闘うファイターの目」になっていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事