【WWE】レスナーとレインズがケージ戦​を前に対峙/ロンダ、ミッキーにお仕置き

米国現地時間423日ミズーリ州セントルイスで開催されたロウで「グレイテスト・ロイヤルランブル」を前にレスナーとレインズが対峙。

さらに、女子10人タッグ戦では負傷したナタリアをミッキー・ジェームスが襲撃すると、ロンダ・ラウジーが現れてミッキーを秒殺した。 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆レスナーとレインズがケージ戦を前に対峙

ロウのオープニングにポール・ヘイマンと共にユニバーサル王者ブロック・レスナーが現れた。

ヘイマンは「レッスルマニア34でローマン・レインズを相手に王座防衛を果たしたレスナーを “まだ”ユニバーサル王座だと紹介すると、「レスナーは勝って当然だ。グレイテスト・ロイヤルランブルでもレインズを切り刻んでやる!」と今週末の再戦での勝利を宣言した。

するとそのヘイマンを遮るようにレインズが現れてレスナーと11のにらみ合いをすると、「俺はそのベルトを取ってアメリカへ帰ってくる!」と雪辱を誓った。

ユニバーサル王座を賭けたレスナー対レインズのスチール・ケージ戦が行われる「グレイテスト・ロイヤルランブル」はWWEネットワークで日本時間428日(土)午前1時(42725時)にライブ配信される。

 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆ロンダ、ミッキーにお仕置き

ロウのメイン戦では女子10人タッグ戦が行われた。

試合途中、タリアがシャープシューターでミッキー・ジェームスを捕まえると、サラ・ローガンがナタリアの足にタックルを放ってカット。

これで負傷交代したナタリアだったが、ミッキーがナタリアを場外へ蹴り飛ばすと、さらに負傷したヒザをストンピングで集中攻撃。

しかし、この行為を見兼ねたロンダ・ラウジーがステージから突如現れると、トレーニングパートナーのナタリアを救済。

さらにロンダは挑発するミッキーを捕まえると払い腰からの腕固めで秒殺してお仕置きした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事