【WWE】ストローマンがグレイテスト・ロイヤルランブル戦で優勝!

現地時間427日にサウジアラビア・ジッダのキング・アブドラ・スポーツシティ・アリーナで「グレイテスト・ロイヤルランブル」が開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆ストローマンがグレイテスト・ロイヤルランブル戦で優勝

50人で競われたグレイテスト・ロイヤルランブル戦は白熱の攻防を展開。ダニエル・ブライアンが1番で登場して“Yes”コールで会場を盛り上げると、レイ・ミステリオ、ランディ・オートン、クリス・ジェリコら50人のスーパースターが次々と登場。

しかし、その中でもやはりこの男のパワーは別格だった。

ブラウン・ストローマンが41番で登場すると巨体のババテュンデ、ダン・マタ、ビックEを軽々と場外に投げ飛ばして雄叫びを上げた。

さらに試合終盤ではストローマンがコーナートップにいたシェーン・マクマホンを投げ飛ばして解説テーブルを破壊すると、ボビー・ラッシュリー、クリス・ジェリコ、ケビン・オーエンズの3人を次々に除外。

試合はストローマン、ダニエル・ブライアン、ビック・キャスの3人に絞られた。

ストローマンに果敢に攻め込むブライアンだったがPPV「バックラッシュ」で対戦が決まっている因縁のキャスにビックブーツを食らって除外。

しかし、そのキャスもストローマンがロープを使った急所攻撃でダメージを与えると、さらにロープの反動で勢いを付けたタックルを決めて除外。

最後まで勝ち残ったストローマンがグレイテスト・ロイヤルランブル優勝を果たした。

た、このグレイテスト・ロイヤルランブル戦には、日本人の元力士で飛翔富士として活躍した住洋樹がサプライズで登場した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事