【スターダム ロッシー小川社長×プロレスTODAY山口総監督】<スペシャル対談①>業界歴41年の女子プロ界きっての名伯楽、ロッシー小川社長に現在・過去・未来についてロングインタビュー!

【女子プロレスの魅力、全女の思い出】

山口:ロッシーさんは全女からプロレス業界に関わったわけですが、女子プロレスとしての魅力はどこにあるとお考えですか?

ロッシー:男子も並行して好きだったんですけどね。プロレス全部が好きなんですよね。だから魅力というか、自分がこの世界に入ったからには先ほどの記録だったり、ここを何とかしなきゃいけないということで動いてきましたね、魅力を伝えるというか。
ただ、みんなすぐ辞めちゃうんですよね。入ってちょっとしたら、それがなんだろうなと。

山口:当時は頑なに女子プロの定年制ってありましたよね、三禁とか。

ロッシー:定年制というのは後付けでね。たぶんみんなハタチそこそこで辞めるというか。後輩に負けたら辞めちゃうというか、そんな感じはありましたね。
そうやって闘犬を養うように競わせるんですよね。その育成して何年やらせて、プロレスの展開にこういう風に持っていくというのがなかったんですよね。当時は競わせて競わせて、駄目な人は去るという。

山口:じゃあ選手を潰してしまうような感じだったんですね。

ロッシー:そうですね、味気ないというか。ベテランもそんなにいないし。

山口:新陳代謝の部分でいうと、当時の全女は弱肉強食だったんですよね?

ロッシー:スター選手が去っても会社は絶対追わなかったんで。次がいるから。

山口:それは今でもロッシーさん、そういうスタンスですよね?

ロッシー:去るものは追わず。それはやっぱり染み付いているものがあるんじゃないですかね。だって辞めたいと思っている者を引き止めてもしょうがないじゃないですか。

山口:松永会長達もそういうスタンスだったんですか?

ロッシー:あの人達はだんだん人気が売れていくとギャラが高くなっていくから、早く辞めてほしいんですよ(笑)ある程度使い終わったときは。賞味期限が過ぎたらね。

山口:当時は他に行く場所もなかったですもんね。

ロッシー:そうそう1団体しかなかったから。そういう考えなんですよ。鮮度のいいうちは使って、ちょっとベテランになってきて意見を言うようになってきたら、もういらないという。子供が15歳から入って、だいたいハタチくらいがピークで、年間270~300近い試合をこなせるっていうのは若いから出来るんですよね、体力的にも。でもある程度年齢がいくと、そうはいかないじゃないですか。先のことも考えるしそうすると会社にするとそういう選手はもう必要ないというと。

山口:圧倒的に会社が強かったんですね。

ロッシー:そうそう、絶対強い。そういう中で育ってるんで。

 

【人気絶頂のクラッシュ・ギャルズ時代】

山口:ちなみにクラッシュの時代はどう思いました?

ロッシー:もうとにかく最初は全く無名の2人が、地方に行っても全く見向きもされないじゃないですか。いつかこの2人が歩いているだけで振り返られる存在にしたいなと思っていました。

山口:ロッシーさんの還暦パーティーのときにも話されてましたよね。

ロッシー:まぁ三人が、三位一体で動いてましたね。

山口:当時の長与千種さんやライオネス飛鳥さんはロッシーさんから見てどんな感じでした?

ロッシー:もう同志ですよね、当時は。自分を含め、成り上がってやろうという。長与とは年中話してましたよ、プロレスのことを。

山口:長与さんは今でも現役ですが、当時の人気は爆発的にすごかったですよね。

ロッシー:すごかったんですけど、彼女が成し遂げたかったのは、男子のプロレスファンに認められたかったということ。女の子のファンしかいなくて、彼女はそれを成し遂げられなかった。

山口:あの時代は僕も見てましたけど、テレビや会場でも人気がすごかったですね。

ロッシー:だからね、人気が出るほど彼女のストレスもすごくなって、当時UWFが流行ったんだけど、その真似をしたくなったりね。週プロとかの取材で道場とか行ったことあるんですけど、そうするといきなり全女の道場で「ちゃんこやる!」とか言い出して(笑)
新日本プロレスの藤原組長が開場してもスパーリングやったときがあったんですよ、それも真似したりして。

山口:影響受けやすいんですね。

ロッシー:そういうことを彼女は欲してたというかね、やりたかったんじゃないかな。プロレスファンにプロレスラーとして認められたかったんですよね。

山口:飛鳥さんはどうでしたか?

ロッシー:飛鳥は千種と違ってマイペースなんでね。彼女が目指したのは、女子プロレス。プロレスというようり女子プロレス。

山口:そこは長与さんと飛鳥さんで全然違うんですね。

ロッシー:飛鳥は自分の確固たる考えがなかったので、千種のやることを追ってましたね、従ってたというか。

山口:そうなんですね、ロッシーさんからはアドバイスされたりとかあったんですか?

ロッシー:常に行動が一緒でしたから。そこでいろんな話もしましたね、話し合いというより雑談レベルですけど。

山口:その時代を振り返るとどうですか?

ロッシー:いやもう、仕事で忙しかった。朝から晩まで。ドラマの撮影で早朝からスタジオに行ったり、テレビ局に行けば休憩中に取材を何社も受けたり。当時は携帯もない時代だから、事務所に戻れば仕事の電話が殺到して調整して、また出かけてと。現場も事務所も両方やってたんですよね。

山口:めちゃくちゃ忙しかったんですね。

ロッシー:今思えばよくそんなんで、時間の調整とか出来たなと。携帯ないんですよ?その時代は乗り切ったって感じですね。だって、当時は事務所に行けばファンが100人や200人たむろしてるんですよ。

山口:宝塚に似ているものがありますね。

ロッシー:そうじゃないですか、完全に。ビューティー・ペアとかはそうですよね。今と違ってテレビの影響力がものすごかったじゃないですか、試合も中継があったし、歌番組にも出たりして、タイミングもよくいい時間、いい番組に出れましたよね。

山口:やっぱりテレビに出ることで存在を認知されますよね。

ロッシー:だって1回、2回じゃなくて、ほぼ毎日出てるんですよ。そりゃ知られますよ。

山口:対戦相手に極悪同盟がいたというのも構図がしっかりしていてよかったですよね。

ロッシー:善悪のね。それがプロレス的な基本だから。まあそんな感じで20代の後半から30代にかけてあっという間に過ぎましたね。だから自分の時間がなかったですよ。

山口:確かに。

ロッシー:だから長与千種が辞めたとき、ホッとしましたもん。これで自分の時間が持てると思って(笑)。だって後楽園ホールとか、必ず車で一緒に行くんですけど、帰りとかに「今日はあの知り合いのところに行くから連れてってほしい」とか。帰れないんですよね、毎回。

山口:やっぱり好きだからというか、仕事だからというか、よく乗り切りましたね。

ロッシー:仕事って意識が強かったですね。とにかく彼女達を売り出すためには時間を惜しまない。きつかったですよ、当然。自分が仕事を入れてるんだから。でも来たものをほぼ消化してましたね。

山口:ある意味、鬼マネージャーですね。

ロッシー:そうやって有名にしていったからね。だって暇な人気者なんていないじゃないですか。

 

【他団体、対抗戦時代へ突入】

山口:その後、他団体時代の幕開け、そして対抗戦時代に突入するわけですが。

ロッシー:今度自分の立ち位置というのが変わってくるんですよ。でもまたリングサイドで写真も撮ってたんですよ、広報として。でもこれをやっているうちは俺はこれで終わるなと思ったんですよ。だから対抗戦始まってからは、俺はネクタイとスーツでリングサイドに座ってる人になろうと思って。だから写真は一切止めて、カメラマンを使って撮ってもらえばいいと。

山口:自分の中での立ち位置のスタンスを変えようと思ったんですね。

ロッシー:このままではこのまま終わっちゃうなと思って。

山口:よくその切り替えが出来たなと思うんですけど、何かきっかけはあったんですか?

ロッシー:もう選手と一緒になって歩いていく歳ではなくなったなと。30歳も過ぎてたし。我々がどうしようと会社が何か変わったりはしないんだけど、自分が変わることによって変わっていくこともあるから。俺はよく言われたんですよ、『企業内自由人』だって。

山口:それだけのキャリアや実績があるから、周りにも認められたってことじゃないんですかね。

ロッシー:うーん、あと対抗戦時代以降というのは、自分が主要会場のマッチメイクをやったんですね。この興行をヒットさせない限りは自分の立場も発言権もなくなるって思ったから、そりゃ必死に考えますよ。それで自分という存在を保っていくわけですよ、それによって会社もヒット興行もあったわけだし。

山口:多団体との対抗戦時代はやり取りが大変だったんじゃないですか?

ロッシー:当時やっぱり自分は全女に入ってからは常にトップ選手との付き合いだったんですよね。クラッシュギャルズといいダンプ松本、北斗晶だったり。彼女達を水戸黄門の印籠代わりに常に持っているような感じ。自分は全女のシェアが70%だと勝手に思っていたので、交渉というか描いたとおりにやってもらうといった感じで。

山口:みんな結構のんでくれました?

ロッシー:いやそんな簡単にはのまないですよ。でも全女の選手を派遣すればその多団体の興行も潤った時代なので、そうなっちゃうと全女から離れられないじゃないですか。なのでのまざるを得ない。

山口:そこでタフなネゴシエーターぶりが養われたという感じですか?

ロッシー:それはありますよね。団体によっては全女をうまく付き合ってのし上がろうという団体もあれば、全女と肩を並べたくてしょうがない団体もあるし。あとは全女は大きな会社なんだけど、自分達は自分達で力があると思っちゃってた団体もあったし。パワーバランスが絶対的に全女なんだけど、それはまあそうは思わないですよね、みんな経営者だから。

山口:まあ皆さん自分のところが一番だと考えますもんね。

ロッシー:とはいっても興行やいろんなものに向かっていくとなると、全女に右ならえをしていくしかないという時代。

山口:あの頃は対抗戦でも本当に仲悪いっていうのもあったんじゃないですか?

ロッシー:全女の選手は全女の選手同士でやるのが一番ハードだと思ってましたよ。他団体の方が楽だって、体力的に消耗しないから。そういう意識を持ってましたね、全女が一番だという。プロレスの技術とかは、ジャパン女子系の選手のほうがあったかもしれないけど、もっとそうじゃない勢いが全然違ったからね。ただその中でも全女だからといって話題も作っていかないといけないし。

山口:そうですね。

ロッシー:自分はやっぱりそのときから新日本プロレスを参考にしてましたね、いろんな部分で。

山口:興行のあり方や、ストーリーラインの部分も含めて?

ロッシー:マッチメイクとかね。

山口:新日本は昔からその仕掛け作りはうまかったですよね。ロッシーさんが今も業界のど真ん中にいらっしゃるということはすごいことですよ。

ロッシー:スケールは違いますけどね。ただ、今の方がやりがいがあるというか。当時、全女のときは組織の歯車でしかなかったからね。俺がやっているという自負があってもそれは違うんですよね。

山口:やはり経営者やオーナーとしてやるということは違いますよね。

ロッシー:全然違いますよ。ただひとパーツをやっていただけだから。お金のことなんて何も分からなかったですもん。経営状態とか。

山口:でも全女が倒産したのはびっくりしました。

ロッシー:内部にいたので状況が悪いのは分かっていたんですけど、ビックマッチはバンバンうっていて、うたないと傾いちゃうから。

山口:自転車操業ですね。

ロッシー:まさにそうですね。

 

⇒次ページ(プロレス業界歴・団体経営の魅力・スター育成方針)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3