【WWE】アングルGM、レスナーに王座剥奪の可能性を示唆 / ストローマン、5メートルの金網上からオーエンズにチョークスラム葬

米国現地時間715日にペンシルベニア州ピッツバーグで「エクストリーム・ルールズ」が開催された。

◆アングルGM、レスナーに王座剥奪の可能性を示唆

ルネ・ヤングのインタビューに登場したRAWGMカート・アングルは、ブロック・レスナーについて言及した。

「ポール・ヘイマンと防衛戦に関して交渉を再開させたが、ヘイマンはレスナーが興味を示していないと言っているようだ。これには私もファンもうんざりしている。レスナーがロウに登場してユニバーサル王座の防衛戦を決めるか、そうでなければ王座剥奪だ」と王座剥奪の可能性を示唆した。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆ストローマン、5メートルの金網上からオーエンズにチョークスラム葬

PPV「エクストリーム・ルールズ」でブラウン・ストローマンとケビン・オーエンズの金網戦が行われた。

これまで車の横転破壊や簡易トイレごとステージから吹き飛ばされてスロトーマンに恐怖するオーエンズは隙を突いて隠し持っていた手錠でストローマンをロープに縛り付け動きを封じた。

しかし、オーエンズが “サックイット”や投げキッスで侮辱すると、ストローマンはなんとその手錠を引きちぎってしまう。

ストローマンは逃げるオーエンズを金網最上部で捕まえると、そのまま5メートルの高さからチョークスラムでアナウンステーブルに沈めた。

先に地面に足が付いて試合に勝利するも担架で運ばれるオーエンズに対してストローマンは「勝者はケビン・オーエンズだ」と嘲笑いながらリングを去った

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事