【WWE】松本浩代、メイ・ヤング・クラシック 2018出場が決定

◆松本浩代、メイ・ヤング・クラシック 2018出場が決定

WWE女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック 2018」に「破壊する女」「レディーゴジラ」と呼ばれて活躍する松本浩代の参戦が発表された。

2006年にプロデビューした松本はパワーと熟練したテクニックの持ち主で4の王座を同時に保持した経験を持ち、プロレスリング・イラストレイテッド発表の2017年の女子レスラー世界ランキングでは25位にランクイン。

危険な角度のロックドロップやバリエーション豊かなパワーボム、他にもガットバスターやミサイルドロップキックを得意技としている。

すでに参戦が発表されている紫雷イオ、里村明衣子に続き、本は日本人3人目のトーナメント参戦となった。

「メイ・ヤング・クラシック 2018」は世界12カ国から集められた32名で優勝を競い合う女子トーナメントで、現地米国時間8月8日、9日にフロリダ州オーランドのフルセイル大学で開催され、その模様は今年の夏にWWEネットワークで独占配信。

また、決勝戦は10月28日、WWE史上初の女子のみのPPV大会「エボリューション」で行われることが発表されている。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事