【ベストボディ・ジャパンプロレス旗揚げ】白川未奈、覚悟のプロレスデビュー戦は才木のジャックハマーに沈む!黒星スタートも継続参戦を表明!!

全試合終了後、出場選手が登場し記念撮影。

白川未奈は次回10月予定の大会にも継続参戦の意思を述べた。

全試合終了後に行われたインタビュー

――まずは(谷口)代表から大会の総括をお願いします
谷口「今日、BBJ旗揚げ戦だったんですけど、やかんさんと白川さんを中心に非常にいい戦いをしてくれたので。会場にはベストボディのファンの方が多いのでまだプロレスファンの方は少ないので、もっと盛り上げていけたらと思うんですけど、やかんさんと白川さんを中心に選手の皆さんがよく頑張ってくれたのですごく良いスタートが切れたかなっと思います。もちろんDDTの高木社長のお力、アドバイスがあってのことなので、今後ともプロレスの方で色々勉強させていただきながらベストボディ・ジャパンプロレス、もっともっと盛り上げていきたいと思います」

――高木社長はいかがですか
高木「旗揚げ戦ということでね、ホントに独特の雰囲気があってよかったんじゃないかなと個人的には思います。やっぱり今、いろんな団体があるんですけど、ここにしか無いカラー、キャラクターが居たと思うんで、そういう部分を伸ばしていけばすごくプロレス界の中でもまた違う勢力としていられるんじゃないかなという可能性はすごく感じました。やっぱり皆さんすごく良かったので、このままの勢いで伸びていってほしいなと思います」

――選手のお二人はいかがでしたでしょうか
白川「ホントにプロレスが大好きなので、まさかやる側になるとは思ってなかったんですけど、ホントに上がるまで正直、恐怖心しかなかったんですけど、上がってみたら、プロレス、痛気持ちいいなって。プロレス気持ちいい、プロレス最高!もうその想いしかなかったですね。試合の記憶はほぼ無いです(笑)でもこれから、プロレス大好きだし、プロレス愛をもっともっと表現していきたいなと思います。私はこれからグラマラス・ストロングスタイルで、グラマラス・ストロンガーとして生き抜いていこうと思いました。」

やかん「いやぁ~今日はですね、一発目のショルダータックルで脳震盪を起こしまして、その後は無我夢中で行ったんですけど、やっぱりプロレスラーって凄いですね。今までいろんな格闘家、ほとんどの格闘技とかプロレスとかを番組でやってきましたけど、本物のリングに上がるっていうのはこんなにも違うのかって。そしてですね、元力士のイス攻撃は効きますね。非常に凄かったですね。そしてまた、仲良かった森嶋選手(試合後に10月に復帰する森嶋選手が登場)が上がってきて投げられた(ボディスラム)ときはブルーになりましたね。でもこれから復帰するんで、応援していきたいと思います。やっぱ凄いですね。気軽に上がったわけじゃないですけど、今まで数ヶ月DDTさんの道場でトレーニングしてきまして、大石さんをはじめとして基礎から徹底的に抑え込まれて、途中でやめたくなるくらいキツかったんですけど、こうやった無事デビュー戦を迎えることが出来てよかったと思います」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2