【WWE】“レジェンド”里村明衣子がスコーピオライジングで「メイ・ヤング・クラシック 2018」準々決勝進出

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間10月4日に205 Liveが配信され、日本が誇る“レジェンド”里村明衣子が「メイ・ヤング・クラシック 2018」のトーナメント2回戦でアメリカ出身のメルセデス・マルチネスと対戦した。

試合に向けて「技術で上回りたい」と語った里村はその言葉通りメルセデスの腕を捻り上げると、キック3発からの足払い、続けざまにダブルニーも食らわせて試合のペースを掴んだ。メルセデスの激しい打撃やネックブリーカーを食らって苦しんだ里村だったが、アームバーで捕らえて打開すると、コーナートップからのフロッグスプラッシュや側転からのダブルレッグを炸裂。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤、メルセデスが渾身のフィッシャーマン・バスターを決めるも、カウント2で辛うじて返した里村はスピニングキックを叩き込むと、メルセデスの膝に飛び乗ってスコーピオライジングを叩き落としてカウント3。

日本のストロングスタイルを見せ付けて激勝した里村がトーナメント準々決勝に駒を進めた。里村は次戦でタイナラ・コンティを破ったレイシー・レーンと対戦する。

「メイ・ヤング・クラシック 2018」はWWEネットワークで毎週木曜日に準決勝まで配信され、決勝戦は日本時間10月29日、WWE史上初の女子のみのPPV「エボリューション」で行われる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事