【WWE】「WWEワールドカップ」にオートン、ジェフの参戦決定

現地時間109日、インディアナ州インディアナポリスでスマックダウンが開催された

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved. 

◆「WWEワールドカップ」にオートン、ジェフの参戦決定

スマックダウンでPPV「クラウン・ジュエル」で行われる「WWEワールドカップ・トーナメント」の予選としてランディ・オートン対ビック・ショー、ジェフ・ハーディ対サモア・ジョーの2試合が行なわれた。

オートン対ショーの一戦ではオートンがDDTやガービン・ストンプで踏みつけて攻め込むと、パワーに勝るショーはクローズラインやショルダータックルで反撃

さらにショーがカウンターのスピアーからチョークスラムでオートンを沈めて勢いづいた。

しかし、勢になったオートンはレフリーの死角でサミングを繰り出すと、んだショーに必殺のRKO

ショーからピンフォールを奪ってオートンが「WWEワールドカップ」出場を決めた。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

また、ジェフ対ジョーの一戦ではジェフがPPV「スーパー・ショーダウン」で負傷したジョーの左足を集中攻撃するとジョーは動けず戦闘不能

レフリーストップでジェフが「WWEワールドカップ」出場を決めた。

PPV「クラウン・ジュエル」で行われる「WWEワールドカップ・トーナメント」にはこれでジョン・シナ、カート・アングルに続き、ジェフ、オートンの4人が出場決定。

さらに次週のスマックダウンでは「WWEワールドカップ」予選として中邑真輔対レイ・ミステリオの一戦も決定した。

PPV「クラウン・ジュエル」は日本時間113日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY総監督』
株式会社リアルクロスを設立し、❝楽しめるプロレスNEWSメディア❞『プロレスTODAY』を立上げ!
プロレスTODAYのインタビュー・企画・進行・管理を担当。
プロレスに懸ける情熱は不変!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事