【坂井永年のザッツ・絵んたぁテインメント!】〈37〉イホ・デル・サント選手

平成元年に“ルチャリブレの殿堂”アレナメヒコで観戦した私が、平成最後の年にルチャのレジェンドが集結した大会に関わるなんて…何とも面白いものですね!

アレナメヒコで覆面売りの少年から買ったマスクをティオティワカンやソチミルコなどの観光地で被って写真を撮っていると、現地人たちから掛けられた言葉が「エル・サント!」

「ルチャリブレ(プロレス)」や「ルチャドール(プロレスラー)」ではなくて「エル・サント」だったのです。

サントの覆面を被っていた訳ではないんです。

メキシコの人にとって『ルチャリブレ = エル・サント』だということを知りました。日本に例えるとプロレス創世記の力道山みたいな存在なんでしょうね?

先日の『Estrella Fiesta』では、その“聖人”サントの二世、イホ・デル・サント選手にお目に掛かることが出来ました。

今回集まったレジェンドの中でも別格の存在で、私服もピシッと決めていて偉大さが伝わってきました。

ツーショット写真をお願いすると絵にも描いたエル・サントを象徴するポーズをとってくれたんです。この時の私はまるで主イエス様に遭遇した信者のように「グラシアス」を連呼してしてしまったのでした(^^;;

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事