<G1クライマックス29特別企画>優勝予想キャンペーン結果発表!Aブロックの最多投票は飯伏幸太、Bブロックの最多投票は内藤哲也に!

G1クライマックス29が開幕しました。プロレスTODAYでは開幕前にG1クライマックスの優勝予想キャンペーンを展開。

多くの方に投票にご参加いただきありがとうございました。ここではその投票結果とその傾向について発表します。

<Aブロックの勝者予想>

投票結果は下記の様になりました。

Aブロックの突破予想で1番票を集めたのはゴールデンスター・飯伏幸太選手。昨年のG1クライマックスでは決勝戦へ進出。その後NEVER無差別級、IWGPインターコンチネンタルのベルトと順調に新日本の頂点へと駆け上っている飯伏に期待感が高まってきております。新日本プロレスに正式所属になったことや身体のキレ具合からも正に「機は熟した」といったところ。

Aブロックで2番目に票を集めたのが現在のIWGPヘビー級のチャンピオン、レインメーカー・オカダカズチカ選手。IWGPヘビーの連続防衛記録を持つオカダは、IWGPを持ちながらG1クライマックスを制覇するという偉業へのチャレンジとなります。過去にこちらを成し遂げたのは1995年の武藤敬司、2000年の佐々木健介と2人しかおらずもし実現すればプロレス大賞年間MVPにも大きく近づくかもしれません。

3番目に票を集めたのがSANADAでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの人気の高さが伺えます。SANADAはEVILとのタッグプレイヤーの印象が強いですが、オカダカズチカとのIWGPヘビーをかけた激闘は記憶に新しいところ。夏を制してシングルプレイヤーとしての覇権を築くことができるか?


<Bブロックの勝者予想>

投票結果は下記の様になりました。

Bブロックの突破予想で1番票を集めたのは制御不能のインターコンチネンタル王者・内藤哲也。2013年と2017年にG1クライマックスを制しており、夏の戦い方は熟知しているはず。合わせて内藤が目指す「IWGPとインターコンチの同時戴冠」の夢に共感するロスインゴファンの票が集まっている印象です。

Bブロックで2番目に票を集めているのが現在のバレットクラブのリーダー・ジェイホワイト。今年2月に棚橋弘至からIWGPのベルトを奪取。外国人史上最年少かつ王者史上3番目の若さでの戴冠を果たしています。必殺のブレードランナーもさることながらヒールならではのラフファイト、セコンドに控える外道のアシスト等、純粋な力だけではない形で勝ちをもぎとります。

他、WWEから移籍してきたスーパースターのジョン・モクスリーやLA道場で鍛えなおして復活を期す荒武者・後藤洋央紀。ドラゴンゲートから移籍してきて6月のBEST OF THE SUPER Jr.26ではあわや全勝優勝かと強烈なインパクトを残した鷹木信悟に票が入ってます。

 

<G1クライマックスの優勝予想>

優勝予想でも1番の人気を集めたのはBブロックの内藤哲也選手。2番手にAブロックの飯伏幸太選手。3位に同率でSANADA選手とオカダ選手が並んでいるという状況です。人気を集めているのが1982年生まれの2人と1987年生まれの2人という同級生がそれぞれ人気を集めている点も注目です。果たしてG1優勝の栄冠を勝ち取るのは誰になるのか?

因縁の同級生同士の決勝戦は実現するのか?

応募いただいた投票からいくつかご紹介します。

 

応募いただいた皆様の中からプレゼント当選者にはtwitterのDMでご連絡をさせていただきます。

G1クライマックス期間中も「#G129予想」をつけて引き続き突破予想・優勝予想を寄せていただければ幸いです。

G1クライマックス29は7.6アメリカ・ダラスで開幕。AブロックとBブロックに分かれて1カ月以上の激戦を超えて8.10の結果をもってAブロックの突破選手が決定。8.11の結果をもってBブロックの突破選手が決定。8.12日本武道館で優勝決定戦を行う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事