【東京女子】8.25後楽園 万喜なつみがインターナショナルプリンセス初代王座を戴冠!プリンセスタッグはNEO美威獅鬼軍が防衛!伊藤麻希は瑞希に敗北し名脇役目指す!全試合結果

25日、東京・後楽園ホールで東京女子プロレスの『BRANDNEW WRESTLING 3~誰よりも最強!~』が行われた。

スペシャルシングルマッチとして組まれた坂崎ユカvsシュー・ヤンは両者失神かつレフェリー2人も失神で無効試合に。伊藤リスペクト軍団解散をかけて戦った伊藤麻希と瑞希は瑞希が勝利し伊藤は名わき役を目指すとリング上で悔しマイク。セミでは万喜なつみがジゼル・ジョーを下し初代インターナショナルプリンセス王座を戴冠。メインのプリンセスタッグは王者のNEO美威獅鬼軍が桃色スパークリングを下し王座を防衛した。

全試合結果は下記の通り

【東京女子】ハッテンニーゴー後楽園

【大会名】BRANDNEW WRESTLING 3~誰よりも最強!~
【日時】2019年8月25日(日) 開場10:45 開始11:30
【会場】東京・後楽園ホール

オープニングマッチ 15分一本勝負


×乃蒼ヒカリ vs 愛野ユキ〇
9分42秒
※ヴィーナスDDT⇒片エビ固め


第二試合 20分一本勝負

〇うなぎひまわり&原宿ぽむ vs YUMI&桐生真弥×



8分43秒
※大ふへん固め

第三試合 20分一本勝負
辰巳リカ&天満のどか&×らく vs まなせゆうな〇&上福ゆき&白川未奈(キャッツパイ)




11分12秒
※鈴木ダイナミック⇒片エビ固め


第四試合 スペシャルシングルマッチ 20分一本勝負
△シュー・ヤン vs 坂崎ユカ△


13分40秒
※無効試合(両者失神による)




互いにマンディブルクローと甲田代表の靴下を口に突っ込み合い失神。リング上は全員失神。

第五試合 スペシャルシングルマッチ 20分一本勝負

〇瑞希 vs 伊藤麻希×





17分00秒
※キューティースペシャル

伊藤「この夏の主役を伊藤が倒して主役になりたかった…。脇役でも主役になれるっていうところを証明したかったけど、あの人は主役…。もう伊藤リスペクト軍団として隣にいた頃の瑞希の姿はどこにもないことがわかって、ちょっとスッキリしたかな。色んな人からの影響を受けてあいつも変わったんだろうから。主役が影響を受けるものだとしたら、脇役は影響を与えるものなんだなとわかった。だったら伊藤は名脇役になってやろうと思う!瑞希だけじゃない、お前も!お前も!お前も!影響与えてやる!人生変えてやるよ!伊藤リスペクト軍団は解散じゃない、伊藤とお前だけのカルトだよ。ついて来たい奴はついてこい。Tシャツ3000円で入会できるから。」

第六試合 鈴芽デビュー戦 20分一本勝負

〇中島翔子&里歩 vs 舞海魅星&鈴芽×


11分16秒
※ノーザンライトスープレックスホールド



セミファイナル インターナショナル・プリンセス初代王座決定戦 30分一本勝負

〇万喜なつみ vs ジゼル・ショー×







14分25秒
※ジャーマンスープレックスホールド
※万喜なつみが初代王者となる

万喜「本当に、今回は絶対に獲りたくて、お客さんの声援が聞こえた時に絶対に負けちゃいけないし、絶対に肩を上げないとっていう気持ちで闘いました。」

――対戦相手のジゼル選手は闘ってみてどんな選手でしたか。

万喜いやもう力が強くて!体格が大きいのもあるんですけど。体格の大きい選手は何人も対戦して来たはずなんですけど、力がすごくて!何て言うんですかね、固くて全部がゴツゴツしているっていうか筋肉で出来ているような。何をしたらかなうんだって一瞬思った時もあったんですけど、本当に支えられたのはセコンドとお客さんの声でした。」

――初めてベルトを腰に巻いてみてどんな気分ですか。

万喜そうですね、何かまだ信じられない気持ちで。ずっとこの瞬間を待っていたなっていう気持ちです。まだ今、実感が沸きません。」

――このベルトはインターナショナルなベルトということですが、初代王者としてどんなベルトにしていきたいですか。

万喜やっぱりインターナショナルってことで海外行きたいですね。伊藤麻希や山下実優、坂崎ユカだけじゃなくて、自分も海外に飛び立ちたいし、東京女子でこのベルトに挑戦したいって人がいたら、自分はどんな選手でも全力で闘いたいと思います!もっと価値のあるベルトにしていきます!」

メインイベント プリンセスタッグ選手権試合試合 30分一本勝負

<王者組=NEO美威獅鬼軍>沙希様&〇操
vs
山下実優&渡辺未詩×<挑戦者組=桃色スパークリング>










17分25秒
※ヴァニタス
※第5代王者組は2度目の防衛に成功

沙希様「お見事だわ操さん。一時はどうなることかと思ったけど流石だわ。これでお分かりになったでしょう。あなたが選んだこの道は正解だったのよ。私がそれを認めて差し上げるわ。あなたが求めたもの、今ベルトをお持ちであることが全てじゃなくって?」

「もったいないお言葉でございます。私はただただ、この世界を憎んでおりました。しかし沙希様とともに闘い、このベルトを巻くことで、この世界が新しくなり、にくかったはずの世界を少しでも信じること、愛することができるのかなと思うようになりました。私が沙希様の元に来たのは正しかったことが証明されました。改めて感謝いたします。しかし沙希様、我々はまだ旅の途中にございます。このベルトを手にし、勝ち続けることで新たな景色、新世界を追い求め続けなければいけないのです。このベルトは未来永劫、美威獅鬼軍のもの!」

沙希様「これからも強く気高く美しい世界を作っていきましょう」

ここでマーサとユキオ・サンローランをリングに呼び込む沙希様。

沙希様「マーサちゃんは心配で心配でずーっとお掃除してくれてたのよ。先生、私ちょっと疲れちゃったの。先生の特製の美容に効くお注射してくださる? …今じゃなくってよ。屋敷に戻ってお注射してちょうだい。それから9月1日は、大阪でこの4人でお試愛なの。地方の皆さんにも、私たちの美しい新世界を見せて差し上げましょう」

バックステージで未詩は悔し涙をこぼした。その肩を抱きしめる山下も貰い涙でコメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事