【WWE】ベッキー&シャーロットは前哨タッグ戦を制して王座戦へ弾み

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米国現地時間9月9日、ニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデンにてロウが開催された。

PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」を前にロウ女子王者ベッキー・リンチがシャーロット・フレアーとタッグを組んで、ベイリー&サーシャ・バンクスと激突した。

PPVでベッキー対サーシャのロウ女子王座戦、ベイリー対シャーロットのスマックダウン女子王座戦が決定している中、先週、パイプ椅子攻撃を受けたベッキー&シャーロットは試合が始まる前からベイリー&サーシャを襲撃し、シャーロットはパイプ椅子を持ち出して報復を狙った。

試合が始まっても両チームは激しい攻防を展開し、サーシャがバンクステイトメントを決めれば、シャーロットがフィギュア・エイトで反撃。さらに大技の攻防となった終盤ではベッキーがレッグドロップ、シャーロットがムーンサルトを立て続けにベイリーに叩き込むもサーシャがカット。

続けてベッキーがサーシャを鉄製ステップに叩き付けてディスアーマーで捕らえるも、今度はベイリーが背後から攻撃してカットしてシャーロットをジャーマン・スープレックスで投げ飛ばしてダイビング・エルボーを狙ったが、これをヒザで迎撃したシャーロットがナチュラル・セレクションをベイリーに放って3カウント。

ベッキー&シャーロットは前哨タッグ戦を制して弾みを付けた。

PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」は日本時間9月16日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事