【W-1】「ブードゥーの血が流れてますから、最悪なんでもやってやります」(河野) 『WRESTLE-1 TAG LEAGUE 2019』出場チームインタビュー② 河野真幸&アレハンドロ

9月23日の後楽園ホール大会で芦野祥太郎&児玉裕輔組のW-1タッグチャンピオンシップに挑戦し、返り討ちに遭ってしまった元王者組の河野真幸&アレハンドロ組。

この1年、タッグ戦線をかき回してきた2人が、その集大成として10月23日の後楽園ホール大会より開幕する『W-1 TAG LEAGUE 2019』に挑む!

 

──9.23後楽園大会で行なわれた芦野&児玉組とのタッグチャンピオンシップには敗れてしまいましたが、振り返ってみていかがでしたか?

 

アレハンドロ 結果は負けたのであれなんですけど……。

 

河野 あれってなんだよ(笑)。じゃあ、振り返らない。もう終わったことは振り返らない。

 

──前向きに行こうと(笑)。では、気持ち的にはもうタッグリーグに切り替わっているということですか?

 

河野 そうですね。本当はチャンピオンとしてリーグ戦に出るのが理想だったんですけど、それは叶わなかったんでね。ただ、このリーグ戦が次のタッグタイトルへの次期挑戦者決定リーグ戦でないことを俺は強く訴えます。だって、申し訳ないけど、俺とアレハンドロが優勝したら、「あれ? また同じカードを後楽園でやるの?」ってお客さんも思っちゃうでしょう。そんなおもしろくないことをしちゃいけない!

 

──会見で優勝したら河野選手は無差別のベルトに、アレハンドロ選手はクルーザーに挑戦するという宣言を河野選手はされていましたよね。

 

河野 うん、同日に挑戦する。そして、それぞれベルトを獲った上でチャンピオンの権限として、「タッグタイトルに挑戦させろ」ってやるのが理想的です。だったら、誰も文句言えないでしょ?

 

アレハンドロ いいですね。

 

河野 だって、どのみち俺らは予選でチャンピオンに勝っちゃいますからね。

 

──今回はお二人がエントリーされたのはAブロックで、チャンピオンの芦野&児玉組とは同じブロックなんですよね。

 

河野 優勝するということは多分勝つからね。1勝1敗に持ち込めば向こうも受ける理由にはなるでしょう。

 

──タイトルマッチをやってみて、勝てない相手ではなかったという手応えがあったわけですか?

 

アレハンドロ 全然余裕ですね。

 

──改めてどういう印象を持たれました?

 

アレハンドロ 連携が凄かったです。気づいたら捕まっていて、気づいたらぶん投げられてるみたいな。でも、1回やればもう大丈夫!

 

──わかりました。ところで、リーグ戦の初戦は10.26本庄大会で頓所&ペガソ組という若いチームになりました。

 

河野 ペガソと吉岡が喧嘩してるよね?

 

アレハンドロ Twitterでバチバチやってますね(笑)。

 

──ブロックが違うからリーグ戦では当たらないんですけどね(笑)。

 

河野 公式戦の煽りに一切ならないじゃないですか。

 

──ただ、リンダマン選手は最下位決定戦をやったらどうかという提案をしているんですよ。それでAブロックは確実に頓所&ペガソ組になると言っているんです。

 

アレハンドロ ということは、吉岡&リンダマンは最下位になる気満々ということですか?

 

──自分たちが出るとは言ってなかったですけどね(笑)。

 

河野 最下位目指してる奴と同レベルの会話をしたくねえな。まあ、頓所とペガソに関しては丸め込みもあるし、気をつけなきゃいけないとは思っていますよ。頓所なんてこの間、クルーザーに挑戦したばかりですからね。

 

アレハンドロ 勢いはありますよ。

 

河野 あとなんとなく仲良さそうじゃないですか、あの2人。俺たち以上に。

 

アレハンドロ 僕とまさゆきのほうが仲いいですよ!

 

──まあ、若いからと言って油断はできないということですね。さて、もう一チームは#STRONGHEARTSのT-Hawk&入江組になります。

 

アレハンドロ 決勝戦はW-1vsW-1にする! そのためにも僕らが#STRONGHEARTSをぶっ潰す!

 

河野 でも、彼らは大日本のタッグリーグにも出るんでしょ? しかも、違うチームで出るという。その統一感のなさは疑問しかないですね。同じ時期に進行しているリーグ戦でタッグがシャッフルされている。意味がわからないですね。お客さんもパニックになりますよ。俺はもうパニックですから。定まってないんだろうなって思います。

 

──T-Hawk選手はベルトを落としたばかりですけど、迷いを感じるということですか?

 

河野 フラフラしてるよね。W-1のみならずいろんな団体に出まくって、自分たちでもOWEの興行をやって、それで「W-1に刺激をぶち込む!」って言われても「説得力のないコメントありがとうございます」としか言いようがないですよね。ただ、入江選手に関しては初遭遇なんで、そこは楽しみですけどね。

 

──まだDDTにいたイメージが強いですよね。

 

河野 じゃあ、アレハンドロのDDTが炸裂しますよ。

 

アレハンドロ ESO ES TODOをね! でも、こうやって出場チームを見てみても、僕らのタッグが一番長く組んでますよね。

 

──その違いはリーグ戦で見せたいと。

 

河野 もう違いが出ちゃってますからね。にじみ出ちゃってる。

 

──ちなみにもしお二人が決勝戦に出場すると仮定した場合、対抗のBブロックで当たりたいチームはありますか?

 

アレハンドロ 稲葉&土肥組が出てきて、稲葉さんに勝つと自然と無差別への挑戦権を手に入れることができますね。だから、僕が稲葉さんから獲れば……。

 

──無差別を狙いに行くと。

 

河野 じゃあ、俺はクルーザーを狙いに行くか?(笑)。減量がきついけど、それもおもしろいかもしれないな。

 

アレハンドロ 前に武藤さんが減量したじゃないですか?

 

河野 全日本時代にカズさんの世界ジュニアに挑戦した時ね。そうか、真逆に行くという手もあるな。稲葉vsアレハンドロ、パンテーラvs河野。

 

アレハンドロ あとのチームを見ても、吉岡&リンダマンは最下位決定戦を狙うみたいなんで(笑)。

 

河野 そこはなしと。吉岡はがんばって各チームの分析コメント出してたけど、見事にペガソにやり返されてたし、あと「応援されたいんだ」ってわかっちゃったからね。

 

アレハンドロ そういうのは自然と出ちゃいますよね。

 

河野 あと近藤&征矢はハマれば強いけど、博打的な要素のあるチームだから全勝か全敗もあり得るから。ということはAブロック突破すれば、優勝ということかね? 羆嵐とレネなんか急造も急造チームでしょ? まあ、Bブロックは反対側だからどうでもいいんだけどね。

 

──では、Aブロック突破すればもう優勝したも同然だと。

 

河野 俺たちにはチャンピオンチームに勝たなきゃいけない理由がある。2連敗なんて絶対にできないしね。頓所&ペガソは吉岡&リンダマンに任せるので問題ない。T-Hawkと入江は個々では強いんだろうけど、よそのリーグ戦にそのチームで出ないんだから。

 

アレハンドロ タッグとして機能するかわからないですよ。

 

河野 結局は1+1=2でしょ? でも、俺たちは−3×−3だから。マイナス同士の掛け算だからね。

 

──プラスに転じていくということですね。

 

河野 そういうことです。

 

──会見でおっしゃっていましたけど、優勝を逃したら解散というお気持ちは変わらないですか?

 

河野 解散します。

 

アレハンドロ 解散しません!

 

河野 いやいや、それぐらいの気合いを入れていかないと。タッグチャンピオンシップで負けて、リーグ戦でも不甲斐ない成績だったらもう組んでいる意味がないから。チームとしての存在意義がない。だから、何が何でも勝ちますよ。俺にはブードゥーの血が流れてますから、最悪なんでもやってやります。

 

──文体で目覚めてしまったということですか?

 

河野 刺激されてしまいましたからね。まあ、アレハンドロのピンチには机やイスでぶん殴る可能性もありますから楽しみにしていてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事