【大日本】<両極譚2019 公開調印式>デスマッチヘビー級選手権試合 《挑戦者》宮本「前哨戦は無い方が面白い」 《王者》イサミ「一発勝負。結成14年全てが前哨戦。二丁拳銃の集大成です。」

14日(月・祝)ららぽーと横浜にて大日本プロレス11月4日、東京・両国国技館で開催の【両極譚2019】の記者会見が行われた。

会見にはデスマッチヘビー級選手権試合王者・木髙イサミと挑戦者・宮本裕向が公開調印式に出席した。

両極譚2019 公開調印式】

デスマッチヘビー級選手権試合 <王者>木髙イサミ vs <挑戦者>宮本裕向

宮本 「いま連戦で疲れてますがもちろん当日までには整えるんですけど…しかし寒いですね」

イサミ 「ムチャクチャ寒いよ」

宮本 「こんな東京寒いと思わなかった」

イサミ 「昨日まで暖かかった」

ここで新土より世間話じゃないんでとツッコミが入る

宮本 「トークショーじゃなかったっけ?」

イサミ 「試合になったら全然変わるんで」

宮本 「前哨戦は無い方が面白い」

イサミ 「一発勝負。結成14年全てが前哨戦。二丁拳銃の集大成です。」

「両極譚~RYOGOKUTAN~2019」東京・両国国技館大会
日時:11月4日(月祝)

◆メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
4ボード・ギガラダーデスマッチ 30分1本勝負
【挑戦者】宮本裕向 vs 【第38代チャンピオン】木髙イサミ
※4度目の防衛戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事