【ザ・デストロイヤー・メモリアルナイト】豪華6人タッグは武藤&宮原&ライガーがデストロイヤーに捧げる“足4の字”で勝利!SANADA組はKAIと連携が機能せず敗退

【ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~】
15日、東京・大田区総合体育館
観衆2,500人

15日、東京・大田区総合体育館で「ザ・デストロイヤー・メモリアルナイト」が行われた。ザ・デストロイヤーさん(本名リチャード・ベイヤー=享年88)に縁する各団体、レスラーが一堂に期し夢の様なカードで各々がデストロイヤーの名の基に集い戦った。

メインを務めたのは豪華6人タッグ。武藤敬司(56)&宮原健斗(30)&獣神サンダー・ライガー組が先に入場し、対する武藤の弟子たちであるSANADA(31)&KAI(36)&BUSHI(36)を待った。

試合開始は武藤とSANADA、全日本プロレスWRESTLE-1でも団体を共にしたが袂を分かってSANADAとなってからは初対戦。

試合経過してもSANADA組はKAIとタッチプレーは行わず、チームとしての機能せず。途中からは強引にタッチする展開に。

最後は武藤がデストロイヤーさんに捧げる“足4の字固め”をKAIに決め、宮原とライガーも呼応しそれぞれSANADAとBUSHIに“足4の字固め”を披露し武藤組の勝利。

8.60分1本勝負
〇武藤敬司&宮原健斗&獣神サンダー・ライガー
(18分5秒、足4の字固め)
SANADA&KAI×&BUSHI

(連続写真でご覧下さい)

⇒次ページへ続く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3