宮澤聡のサイン収集列伝 1枚目

世界的な大物レスラーが遂に初来日!!

これはいつの時代も興奮するものです。

今から14年前の2002年8月。

全日本プロレスが日本武道館で2連戦を行いました。

その大会で「遂に初来日!!」したのが、ビル・ゴールドバーグでした。

WCWでデビュー以来173連勝の連勝街道まっしぐら!

そして、WCWが崩壊したあと、遂に初来日を果たしました。

全日本プロレスでの2連戦。

小島聡選手を4分、太陽ケア選手を3分という短い時間で終わらせ、やっぱり強ぇ~なぁ~と最高のインパクトを残しました。

その来日の際、私はどうにかゴールドバーグに会いたいと思い、都内のホテルなどを探したのですが、見つからず…。

ゴールドバーグは帰国しました。

次のチャンスはその年の11月、ファンタジーファイト「WRESTLE-1」の横浜アリーナ大会でした。

しかし、この時の来日も会うことは出来ず、リック・スタイナーを6分で倒し、帰っていきました。

そして、年は明け、2003年1月19日、WRESTLE-1の東京ドーム大会。

ゴールドバーグは武藤選手とタッグを組み、ブライアン・アダムス&ブライアン・クラークのクロニックと対戦。

ゴールドバーグが来ていない!?というハプニングから、武藤選手がリング上で待つ中、水道橋駅から東京ドームを目指して徒歩で歩くゴールドバーグが映し出された映像はとても印象に残っています。

そして、その試合終了後、私は某ホテルのロビーで待っていました。

そして、遂にゴールドバーグと初遭遇!!

ゴールドバーグはホテルに帰ってきたと思いきや、またすぐに車に乗ってどこかに行くようで、その車に乗り込む直前になんとかサインゲット!!

DSC_1512

ファンの人数も多かったので、先着争奪戦になり、雨が降っていたので私の友人なんかはゴールドバーグの前で滑って転んだりして、それは大変な騒ぎでした。

慌ただしくもツーショット写真も撮れました。

IMG

 

そして、一夜明けて、翌朝もホテルに行ってみました。

翌朝のホテルは前夜とうって変わってファンは私1人しかいないような静かな雰囲気に。

これは早朝のうちにゴールドバーグは帰ったのだな?と思っていたら、ロビーにふら~っと現れました。

え?いいの?と思いながら、ゴールドバーグに声をかけ、更に何枚かサインをもらいました。

DSC_1514~2

ロビーのベンチに腰掛けたり、ゆっくりするゴールドバーグ。

なんとも、贅沢な独占状態?

写真もゆっくり撮れました。

gold

こういうことがあるのも面白いんです。

必死にもらったサイン、ゆっくりもらえたサイン、それぞれの思い出があります。

またいつか来日してもらいたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事