【新日本】NEVER王者の後藤洋央紀がKENTAの二冠挑戦決定に怒り!「俺はあいつに勝ってるんだぞ!!だったら三冠かけて俺とやれや!!!! 」

7日、新日本プロレスは東京ドーム二夜明け会見を行い、史上初のIWGPヘビー・インターコンチネンタル二冠王者、内藤哲也とKENTAの2.9(日)大阪城ホール大会でのタイトルマッチ決定を発表した。

これに怒りのツイートをしたのが、1.5(日)東京ドーム大会でKENTAからNEVER無差別級のベルトを奪取した‟元祖ニ冠提唱者”の後藤洋央紀であった。

後藤は自身のTwitterにて「おいおいおいおい!!!すんなり決まっちまうのか?俺はあいつに勝ってるんだぞ!!だったら三冠かけて俺とやれや!!!! #当たり前だろ」とツイートしたのだ。

後藤の怒りもごもっともであり、タイトルを落としたKENTAがメインで二冠王者になった内藤を襲撃、ドームに詰めかけたファンと共に大合唱する予定だった内藤の「ロス・インゴブレナブレーース・デ・ハポン」をぶち壊し、翌日の大田区大会でもジェイ・ホワイトと組んで内藤哲也・SANADAとの試合に敗戦したにも関わらず襲撃、二冠挑戦をアピールすると翌日に決定したのだ。

後藤のNEVERには大田区で鷹木が挑戦表明しており、後藤もこれを受諾しているだけにタイトル戦線が混沌としてきた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事