【WWE】イオがバトルロイヤルで最後の2人に残るも王座挑戦権獲得ならず

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

紫雷イオがNXT女子王座挑戦者決定バトルロイヤルに出場した。女子18人が入り乱れる攻防の中で、イオはドロップキックでケイシー・カタンツァーロを脱落させると、前王者シェイナもMJジェンキンス、カタリーナ、サンタナ・ギャレットと次々と脱落させて大暴れ。

イオ、シェイナ、ビアンカ・ブレアの3人が残ると、シェイナが必殺のキリフダ・クラッチでイオを追い込むも、場外に隠れていたショッツィ・ブラックハートが背後からシェイナを投げ飛ばして脱落。

さらにすかさずビアンカがショッツィを背後から捕まえて場外に落とすと、イオとビアンカの一騎打ちとなった。

会場から“イオ”チャントが起こる中、イオはビアンカのパワーファイトに対して619やジャーマン・スープレックスからのダブル・ニーで攻め込んだが、最後はビアンカがイオを担ぎ上げるとそのまま場外に投げ飛ばしてバトルロイヤルを制した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

これで王座挑戦権を獲得したビアンカはNXTテイクオーバー:ポートランドでNXT女子王座に挑戦することが決定した。

王者リア・リプリー対ビアンカのNXT女子王座戦がおこなわれる「NXTテイクオーバー:ポートランド」は日本時間2月17日にWWEネットワークでライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事