【DDT】KO-Ⅾ無差別級王者・田中将斗(ZERO1)が“マジメなコメント”に終始の挑戦者・MAOに警戒感

1月26日の東京・後楽園ホール大会で、王者・HARASHIMA(年齢非公表)を破り、DDTプロレスリングの最高峰であるKO-D無差別級王座を奪取した田中将斗(46=ZERO1)が、2月23日の後楽園大会で初防衛戦を闘う、挑戦者のMAO(23)に警戒感を強めた。

4日、DDTが東京・文京区の御茶ノ水道場で調印式を行い、田中とMAOが出席。開口一番、MAOは「ボクのキャリア4年半にして、初めてのKO-D無差別級、DDTの一番上のベルトに挑戦するということで大変光栄に思います。対戦相手の田中選手はボクが生まれる前からプロレスをしている選手。自分の父親と同じくらいか、母親より上くらいの選手と、DDTのトップのベルトを争うということで、その辺の年齢差もおもしろい。ボクがプロレスを見始めたのが09年、10年くらいで、その頃『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日系)を見ていたんですけど、田中選手が第一線でやってたんです。中学生プロレスをやっていた周りでも、田中選手のブームが起こりまして、みんなでポーズがはやったりとかあった。田中選手も思えばボクにプロレスの夢を見させてくれた選手の一人だったので、すごく光栄に思います」と極めて殊勝なコメント。

1月3日、26日の両後楽園大会で、MAOはDDTのマスコット・ポコたんの着ぐるみをまとって、田中を挑発する怪行動に出た。1日の東京・板橋グリーンホール大会での3WAYタッグマッチでの前哨戦の試合後には、田中を襲撃して、強気の発言をしていただけに、田中は「なんか試合後、あんだけ突っかかってきたわりには、すごいマジメなコメントがきて、面食らってるんですけど。MAOクンは変なプロレスをするということなんで、変なプロレスを体感したうえで、変なプロレスには負けたくないんで、必ずベルトは防衛したいと思います」と苦笑いしながら必勝を宣言。

その板橋大会では、MAOが田中の必殺技スライディングDをバク転でかわすという奇抜な闘い方を見せた。前哨戦を踏まえ、田中は「ああいう返し方されたのは初めてでビックリした。でも、ああいう返し方をするんだと、頭の中にあるんで闘いやすい。変なところはなかったんで、シングルでやり合えば、変なプロレスも味わえると思うんで楽しみ。飛んだりするというのは知ってたけど、担ぎ上げたりするパワー系の技も使うんだとわかった。変なプロレスというのは経験したことないし、想像つかないので、どう対処できるか。でもやる以上は対処する自信がある。試合になったら、ガッチリ来ると思うんで、そういうのも楽しみ。こういうマジメな部分もあるとわかったんで」と警戒感を垣間見せながらも、自信をみなぎらせていた。

また、MAOは「高木三四郎を車でひくのも私だし、リング上でしっかりやっているのも私だし、今ここにいるのも私なので、全部ひっくるめてMAOなんです。DDTに入門した以上、ここを目指すのは当然なので、やっときたかと。歴史あるベルトですけど、最年少記録をひそかに狙ってたんですけど、竹下(幸之介)さんの21歳というのは、ボクは過ぎてしまった。今のDDTの中心はDNAの世代から、竹下さん、遠藤(哲哉)さんの世代が中心になりつつあると思うんで、ボクも遅れずにしっかり食い込んで、DDTのために、ボクがほかの若い選手が挑戦しやすくするというか、DDTのターニングポイントになれればと思います」と話し、この日ばかりは、マジメなコメントに終始していた。

【大会名】Into The Fight 2020
【日時】2020年2月23日(日) 開場10:50 開始11:30
【会場】東京・後楽園ホール

全カード

KO-D無差別級選手権試合
<王者>田中将斗 vs MAO<挑戦者>
※第74代王者は初防衛戦。

初代DDT UNIVERSAL王座決定戦
竹下幸之介 vs クリス・ブルックス

イリミネーション8人タッグマッチ
佐々木大輔&遠藤哲哉&T-Hawk&エル・リンダマン vs 彰人&勝俣瞬馬&飯野雄貴&橋本千紘

3WAYタッグマッチ
HARASHIMA&上野勇希 vs CIMA&高尾蒼馬 vs 高梨将弘&大石真翔

人類皆兄弟vs俺たちはファミリーだ的な6人タッグマッチ
男色“コーモン・ホール”ディーノ&コーディ・ホール&スーパー・ササダンゴ・ホール vs 青木真也&大和ヒロシ&平田一喜

樋口和貞&坂口征夫&赤井沙希 vs 大鷲透&吉村直巳&渡瀬瑞基

マッド・ポーリー vs 納谷幸男 vs 中村圭吾

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事