【WWE】レスナーが王座陥落!マッキンタイアが新WWE王者に

日本時間4月6日にフロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで行なわれたPPV「レッスルマニア36」の2日目が配信された。

◆レスナーが王座陥落!マッキンタイアが新WWE王者に

“ザ・ビースト”こと王者ブロック・レスナー(withポール・ヘイマン)とロイヤルランブル覇者ドリュー・マッキンタイアがWWE王座をかけてPPV「レッスルマニア36」で激突した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ゴングと同時に襲い掛かったレスナーだったが、マッキンタイアがカウンターのクレイモアを放ってレスナーはいきなりダウン。

仕返しとばかりにレスナーはジャーマンスープレックス3発から必殺のF5をマッキンタイアに叩き込んだが、今度はマッキンタイアがカウント1で起き上がった。

これに驚きを隠せないレスナーは立て続けにF5を2発放ったが、それでもマッキンタイアが起き上がると、代理人のヘイマンが「やりつづけるだけだ」とレスナーを鼓舞した。

攻めながらも追いつめられるレスナーは突如不敵に笑い出して再びF5を狙ったが、今度は逆にマッキンタイアがクレイモア3連打を叩き込むとレスナーはフォールを返すことができず3カウント。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

マッキンタイアがレスナー相手に大金星を挙げてWWE王座を戴冠した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事