【新日本】8.26 後楽園 KOPW2020の出場選手が決定!投票は8/17の18:30~8/23の23:59に新日本公式twitterで実施!各試合のルールは一体どうなるのか?

オカダ・カズチカの提唱で実施の決まったKOPW2020。出場選手8名による1回戦を8.26後楽園ホール大会で行い、勝者4名による優勝決定戦を8.29神宮球場大会の4WAYマッチで行う。

現時点で参加表明をした8選手の対戦カードが8.26後楽園ホールで組まれた。各選手が希望する対戦ルールと共にどの様な展開になるのか考えてみたい。

※8/17 記事再更新 オカダカズチカによるオンライン会見が行われ、17日に新日本プロレスの公式twitterでどちらのルールを採用するかの投票が行われる旨が、発表された。結果発表は来週8/24(月)に行われる。投票の締め切りは8/23の23:59まで。

 

SUMMER STRUGGLE 2020
日時:2020年8月26日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール

第3試合 時間無制限1本勝負 KOPW2020 1回戦

小島聡 vs エル・デスペラード

小島聡希望ルール:必殺技指定マッチ

エル・デスペラード希望ルール:フィニッシュ禁止マッチ

【概要】KOPWに参戦表明をした小島に対して、ずっと参戦表明をしてきたデスペがいちゃもんをつける形で対戦が決定。小島の剛腕ラリアットを「オレには効かねぇ」とこき下ろすデスペが必殺技でしかカウントの入らない必殺技指定マッチを提示して、小島がそれに載る形でルールが決まるかと思われたが、デスペが一転、フィニッシュを禁じる試合形式での希望を打ち出してきた。果たしてどの様にルールが決まるのか?


第4試合 時間無制限1本勝負 KOPW2020 1回戦

矢野通 vs BUSHI

矢野通希望ルール:2カウントマッチ

BUSHI希望ルール:場外リングアウト5カウントマッチ

【概要】NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメントにおいてぶつかった両者が矢野通がBUSHIのマスクの紐をフェンスに結び付ける形でのリングアウト勝利に不服を唱えるBUSHIにより対戦が決定。曲者の矢野は2カウントでの抑え込み対決を希望。それに対してBUSHIは矢野に場外カウント負けした怨恨の場外5カウントマッチを仕掛けてきた。「エンセーリオ、マジで」どちらのルールが投票で勝つのか?


第5試合 時間無制限1本勝負 KOPW2020 1回戦

SHO vs SANADA

SHO希望ルール:サブミッションマッチ

SANADA希望ルール:(SHOの提案を受けて)サブミッションマッチ

【概要】ニュージャパンカップ2020で対戦した両者。試合はSANADAがSkall Endで勝利するもSHOは諦めておらずKOPWでの決着を熱望。フィニッシュホールドが関節でミラノコレクションA.T.のパラダイスロックまで駆使するSANADAに対して、総合格闘技修行で培った寝技の技術で対抗せんとサブミッションマッチを提言。SANADAがこのルールを受諾し、両者の対決は灼熱の中、熱い寝技対決となりそうだ。

第6試合 時間無制限1本勝負 KOPW2020 1回戦

オカダ・カズチカ vs 高橋裕二郎

オカダ・カズチカ希望ルール:1対3ハンディキャップマッチ

高橋裕二郎希望ルール:ランバージャックwithベルトマッチ

【概要】7.25名古屋ビッグマッチでシングル対決を行った両者。そこではオカダが変形コブラクラッチで勝利するも裕二郎のオカダへの執念は消えることがなかった。裕二郎がオカダとシングルを組めと8.1後楽園で噛みつき、8.6後楽園ではこれに対しオカダから「1対3のハンディキャップマッチでいいですよ」と大いに見下ろした発言。これに対して裕二郎は邪道・外道が場外にでるとベルトで激しく鞭打つ「ランバージャックwithベルトマッチ」での試合を希望。似ている様で異なる両者のルールがどの様に最終決定されるのか…



果たしてどのルールが採用されてどのような試合が展開されるのか?注目だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事