【WWE】レインズが卑怯な途中出場でユニバーサル王座に返り咲き


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間8月31日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「ペイバック」が配信された。

復帰したローマン・レインズ(withポール・ヘイマン)がPPV「ペイバック」で王者“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアット、“巨獣”ブラウン・ストローマン相手のノーホールズバード・トリプルスレット戦を制してユニバーサル王座に返り咲いた。

ザ・フィーンドがリングに入場したところで突如ストローマンが暗闇から奇襲を仕掛けると、そのまま契約書にサインをしていないレインズが現れないまま王座戦がスタート。

ザ・フィーンドは持ち出したビックハンマーや鉄製ステップで攻撃すると、ストローマンもランニング・ショルダータックルでザ・フィーンドをステージから叩き落して熾烈な攻防を展開。

さらにザ・フィーンドが巨体のストローマンをコーナートップからのスーパープレックスで叩きつけると、なんとその威力でリングが崩壊してしまう。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

すると卑怯にもこのタイミングでレインズが契約書にサインしてリングインすると、そのまま倒れこんだ2人をフォールするもカウント2。

さらにレインズはストローマンにパイプ椅子攻撃を放ち、マンディブル・クローで反撃するザ・フィーンドにはローブローで急所を打ち抜いて止めを刺すと、最後はストローマンにダメ押しのスピアーを叩き込んで3カウント。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レインズはユニバーサル王座に返り咲きを果たし、悪賢いヘイマンと共に王座ベルトを掲げて勝ち誇った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事