【DDT】9.27後楽園で「準烈」vs「オールアウト」の綱引き抽選によるシングル3番勝負が決定!

抗争が激化する「準烈」と「オールアウト」が、27日の後楽園ホール大会で、シングル3番勝負(カードは綱引き抽選による)を行うことが決まった。

7日の後楽園大会で、秋山準、高木三四郎の“チーム大老害”が、「オールアウト」の竹下幸之介、勝俣瞬馬組と激突。11・3大田区で一騎打ちを行う秋山と竹下は、この日も激しくやり合い、エルボー合戦から、秋山がヒザ蹴り、エクスプロイダーを繰り出せば、竹下は顔面蹴り、ブレーンバスターで返した。

10分過ぎ、勝俣を捕獲した秋山は顔面へのヒザ蹴りからエクスプロイダーをさく裂させてピンフォールを奪った。

試合後、「準烈」のリーダー・大石真翔が「オレは秋山さんを大田区のシングルマッチに最高の状態、コンディションで送り出したい。というわけで、9月27日、後楽園で『準烈』と『オールアウト』の対抗戦をやりたい。シングマッチ3本勝負でどうだ。『準烈』は秋山準だけじゃないってところを見せたい。ただやってもしょうがねぇ。お楽しみを用意しました。綱引きで!」とアピール。

これに対し、「オールアウト」の彰人は「ボクらからしても、秋山さんとやりたいのは竹下だけじゃない。ボクだって秋山さんとシングルやりたい。勝俣だってやりたいはず」と応じた。

両軍のメンバーは「準烈」が秋山、大石、渡瀬瑞基で、「オールアウト」が竹下、彰人、勝俣の3人。組み合わせは昭和さながらの“綱引き抽選”で決する。

バックステージで秋山は「絶対に勝たないといけない。負けたら勢いも下がる。絶対に2勝はしないといけない。オレは絶対に勝つから、アンタら(大石、渡瀬)、どっちか絶対に勝たないと。負けたら、オマエら坊主だ!」と、大石と渡瀬にゲキを飛ばしていた。

Get Alive 2020
【日時】2020年9月7日(月)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】未発表

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○彰人&納谷幸男 vs 大石真翔&渡瀬瑞基●
8分42秒 ゴライアス・バードイーター

▼第二試合 30分一本勝負
スーパー・ササダンゴ・マシン&○アントーニオ本多 vs 平田一喜&中村圭吾●
9分34秒 片エビ固め
※ダイビング・フィストドロップ

▼第三試合 KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>樋口和貞&○坂口征夫&赤井沙希 vs 男色ディーノ●&立花誠吾&世志琥<挑戦者組>
11分57秒 ゲイ道クラッチ
※第41代王者組が2度目の防衛に成功。

▼第四試合 チーム大老害vsALL OUT! 30分一本勝負
○秋山準&高木三四郎 vs 竹下幸之介&勝俣瞬馬●
10分48秒 片エビ固め
※エクスプロイダー

▼セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合~ノーDQマッチ 60分一本勝負
<王者>○クリス・ブルックス vs ドリュー・パーカー●<挑戦者>
13分45秒 片エビ固め
※プレイングマンティスボム。第3代王者が初防衛に成功。

▼メインイベント DAMNATIONvsDISASTER BOX全面対抗戦!イリミネーション10人タッグマッチ 時間無制限勝負
佐々木大輔&遠藤哲哉&高尾蒼馬&マッド・ポーリー&島谷常寛(5-4)HARASHIMA&丸藤正道&上野勇希&吉村直巳&大鷲透
※1人残りでDAMNATIONが勝利。

【試合経過】
①○高尾 vs 丸藤●
13分48秒 オーバー・ザ・トップロープ

②▲ポーリー&▲島谷 vs 大鷲▲
15分24秒 両者オーバー・ザ・トップロープ

③○佐々木 vs 吉村●
17分11秒 横入り式エビ固め

④●高尾 vs HARASHIMA○
18分43秒 オーバー・ザ・トップロープ

⑤○遠藤 vs HARASHIMA●
21分13秒 オーバー・ザ・トップロープ

⑥●佐々木
22分36秒 オーバー・ザ・トップロープ
※遠藤の誤爆

⑦○遠藤 vs 上野●
23分37秒 片エビ固め
※シューティングスター・プレス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事