【DDT】11.3大田区でKO-D無差別級王座戦を闘う遠藤哲哉と佐々木大輔が、またまた衣服を引き裂き合う乱闘が勃発!

 11月3日に東京・大田区総合体育館のメインイベントで、KO-D無差別級王座を懸けて闘う、遠藤哲哉(王者)と佐々木大輔(挑戦者)の遺恨が泥沼化した。

 DDTプロレスは26日、東京・渋谷区のサイバーエージェント本社で同大会に関する記者会見を開いたが、遠藤と佐々木は互いに衣服を引き裂き合う乱闘劇に発展してしまった。

 25日の東京・後楽園ホールで行われた調印式では、遠藤が佐々木の上着を引き裂いたが、その服のままで会見に出席した佐々木は「昨日は背後から襲われて暴れたけど、今日は至って冷静なコメントを出します。裏切られたことに関しては、一切許すことはない。怒りのエネルギーがものすごいことになって、私が塗ってやったメッキでちょっと勘違いしてる。コイツのメッキを剥がして、最後のメッキのKO-D無差別級のベルトを奪い取って、コイツを終わらせる。15年やってきて、一番怒りでコンディションがいい。頭も体も冴え渡って、この一戦のことしか考えてない。勝つか負けるかわからないけど、負けたらそれなりの覚悟をもって。負けることなんて考えてない。それくらい、この一戦に懸けてます」とコメント。

 遠藤は「KO-D無差別級のベルトは佐々木が塗ったメッキではなく、自分自身の力で獲った証明。負けてベルト落としてもメッキは剥がれない。勝って佐々木のメッキを自分の力で剥がす。対戦相手は、こういう場にふさわしくない格好。いいオトナなんで、シャツのボタンくらい締められるようになってもらいたい。これがプロレスラーだと思われたら、プロレス界に悪影響。大田区で引退させてやる」と発言。

 佐々木は「服装に関しては、私の一張羅。コイツに大事なボタンをはじき飛ばされて、怒りしかない。大田区で勝ったら、土下座させたうえで、スーツ代1万5000円を請求する」と言い返した。

 遠藤は「今まで佐々木に勝ってないんで、先のこととか見えてない。11・3で、このベルトを防衛したうえで、どんな遠藤哲哉が生まれて、育つのか。それは大田区以降のお楽しみ」と続けた。

 “覚悟”については、佐々木は「いろんなレスラーが軽々しく口にする引退という言葉。引退して復帰とか、そういう人間とは違う引退という言葉を言っておきたい。引退しても、すぐ復帰できる業界だけど、そういうことはない。就職活動に備えてスーツを新調して、ほかの人間とは違う覚悟で挑む」と、“引退”を口にした。

 その後、フォトセッションが終わると、佐々木は遠藤にヘッドバットをぶちかまし、自身の靴で殴打すると、スーツを破った。怒った遠藤は急所打ちを見舞い、またまた佐々木の上着を引き裂いてしまった。両者の怒りは大田区でのタイトル戦で沸点を迎えそうな気配だ。

Ultimate Party 2020
日時:2020年11月3日(火) 開場13:00 開始14:30
会場:東京・大田区総合体育館

メインイベント~BLACK OUT presents KO-D無差別級選手権試合
<王者>遠藤哲哉 vs 佐々木大輔<挑戦者>
※第75代王者3度目の防衛戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事