【新日本】有観客大会の再開から会場での新型コロナ感染ゼロを報告、ファンの観戦マナー順守に菅林会長が感謝

 新日本プロレスは8日、オンライン会見を配信、菅林会長が有観客大会を再開してからの会場での新型コロナ感染がゼロであることを報告と共に、ファンの観戦マナー順守に感謝を述べた。

 菅林会長は「新日本プロレスでは、7月11日に有観客大会を再開してから、これまで計54大会を開催し、延べ72,706人のお客様にご来場いただいております。ご来場の皆様には、観戦マナーを順守していただき、おかげさまで会場での新型コロナ感染の報告はゼロの状況が続いております。」と発表。

 また「入場時の検温のほか、声援の代わりにさまざまな手拍子の工夫など、ご来場の皆様には新日本プロレスならびに他のご来場者を守るために、ご協力いただき、選手・社員一同を代表し、ここで改めて御礼申し上げます。」とファンへの感謝を述べた。

 続けて「私共は、コロナ禍のいま、まさに、プロレスの真価の発揮どきであるという認識のもと、東京ドーム大会を含め、引き続き全国での大会を開催してまいります。スポーツ庁様より、ご助言頂き作成した「対策ポリシー」に沿って、感染症対策に万全を尽くし、皆様をお迎えいたしますので、ぜひ会場に足をお運びください。」とコメントした。

新日本プロレスは15日より、WORLD TAG LEAGUE 2020BEST OF THE SUPER Jr.27が開幕する。

 

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事