【WWE】「よっしゃ!」アスカが6人タッグ戦を制して女子王者対決に意気込む

 

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間11月17日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウが配信された。

◆「よっしゃ!」アスカが6人タッグ戦を制して女子王者対決に意気込む

“明日の女帝”アスカがマンディ・ローズ&デイナ・ブルックとタッグを組んで女子チームロウメンバーのシェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックス&ラナと6人タッグ戦で激突した。

序盤、シェイナ&ナイアが捕まえたマンディを鉄製ステップ上のストンプ攻撃で負傷させると、数的不利となったアスカはヒップアタックでナイア、ショルダータックルやスライディングキックでシェイナに攻め込んで反撃。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにアスカが介入を狙うナイアにハイキックを放つと、その隙にシェイナがキリフダクラッチでアスカを捕まえてピンチとなったが、ラナが勝手にタッチをしてシェイナのチャンスを潰すと、最後はアスカがアスカロックでラナを捕まえてタップ勝ち。

試合後、シェイナ&ナイアは犬猿の仲のラナを捕まえると「ようこそ!チームロウへ」と皮肉ってお決まりのサモアン・ドロップで解説席に叩きつけてお仕置きした。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、インタビューに答えたアスカは「よっしゃ!よっしゃ!よっしゃ!やるぞ!やるぞ!興奮してるんや!サバイバー・シリーズではサーシャ・バンクスを倒すぞ。誰もワシには適わないからな」と来る女子王者対決に向けて意気込みを語った。アスカ対サーシャの女子王者対決やブランド対抗女子5対5エリミネーション戦が行われるPPV「サバイバー・シリーズ」は日本時間11月23日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事