【WWE】「これはまだ私の物だ」紫雷イオがリアとの“新旧王者対決”を制して王座防衛

 

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王者紫雷イオが死闘となった元王者リア・リプリーとの“新旧王者対決”を制して王座防衛に成功した。

スピードに勝るイオがドロップキックで先制すると、リアも持前のパワーでショルダータックルやイオをエプロンに叩きつけて女の意地がぶつかる激しい攻防を展開。

中盤にはリアが必殺のプリズムトラップ、イオもアーム・バーで相手を追い詰めるもお互いロープエスケイプで回避すると、イオが掌底アッパー3連打から619やミサイルキックと連続攻撃を決めたがカウント2。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

続けてイオはリップタイドを狙うリアにDDTを決めると、エプロンに回避したリアをサンセットフリップ・パワーボムでそのまま解説席に叩きつけた。

これでリアが大ダメージを負ったものの辛うじて場外カウント9でリングに戻ると、待ち構えていたイオが止めのムーンサルトを叩き込んで3カウント。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、王座防衛に成功したイオはリアと握手とハグを交わしてお互いを称え合うと、「試合はかなりタフだったが、これはまだ私の物だ」と王座ベルトを抱えた写真をツイッターに投稿した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事